Page: 2/8  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
JUNG + WENIG/Interview With Christopher Jung & Tobias Wenig
copyright © JUNG + WENIG

JUNG + WENIG
H.P:www.jungundwenig.com
Interview by arata sasaki

ドイツ:ライプツィヒを中心に活動するデザイナーユニット[JUNG + WENIG]。若いながら素晴らしいフィロソフィーを持った彼らの作品は哲学的な理論がさりげなく含有されている。世界的評価こそまだ低いが片鱗が至る所から感じられる今後要チェックのユニット。ぜひ脳に彼らの名前を記銘しておいて欲しい。


Hitspaper:お二人の経緯を教えて下さい。
jung&wenig:私達(Christopher Jung と Tobias Wenig)は1999年にhochschule fuer grafik&buchkunst(ライプツィヒにあるビジュアルアート大学)の入学試験で出会いました。
そして2000年に初めてhgb(学科の名称)で一緒に研究を始めました。
教授はcyan(ファウンデーション、システムデザイン専攻)と gün-ter karl(タイポグラフィ専攻)の二人で彼らは私達の大学でもかなり目立つ存在でしたね。
それ以来、私達は殆どすべての作品を一緒に手掛けていて、卒業後、2004年にはjungundwenig(jung=young und=and wenig=littleの意)というスタジオを開き、本や雑誌、CDジャケット、映像、マルチメディアの案件をカルチュラルセクターとして請け負ってきましたね。

Hitspaper:could you tell us jung + wenig's history?
jung&wenig:we [christopher jung and tobias wenig] met at the admission test 1999 in leipzig at the hochschule fuer grafik und buchkunst [academy of visual arts leipzig] .
2000 we started studying at the hgb.
our professors were cyan [daniela haufe , detlef fiedler ; system design and foundation studies] , gün-
ter karl bose [typography] . . only to mention two outstanding teachers of our academy.
since then we have worked together on almost all our projects.
In 2004 we started doing jungundwenig [jung=young und=and wenig=little].
our work includes books,magazines,cd-covers,film and multimedia works for clients in the cultural sector . .



copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
jung&wenig:特別なことは何も表現しようと思ってないですね。
私達はそれぞれのプロジェクトでデザインがフィットすることを望んでいるだけです。そして最終的にはクライアントや私達にとって幸せになれば良いと思っています。
そしてhgbに影響されていることは否定できませんが、私達は過去より現在を見ています。
具体的にはcyanやgünter karl、markus dreßen、勿論ライプツィヒで有名なタイポグラファーjan tschicholdとwalter tiemannが残してきた作品などですね。

Hitspaper:what are you trying to express through your work ?
jung&wenig:we are not really trying to express anything special.
we want our design to fit the project ; and at the end it should look good and make the client,others and us happier.
although we can’t deny that the environment around the hgb influenced the way our design looks now.
people like cyan , günter karl bose,markus dreßen and of course the famous leipzig typographs jan tschichold,walter tiemann left their marks . .


copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
jung&wenig:すべてのルーツを忘れないこと。
今多くの人が思い付きで見た目が良さそうなものを作っていますね、、、しかしその方法でどの位続けることが出来るでしょうか?
残念なことに客観的にみてこういった本質の善し悪しを討論される機会は少ないですが、、、

Hitspaper:what do you think is the most important elements for creator?
jung&wenig:it is important not to forget the roots of everything.
so many people make fancy and sometimes even good looking stuff , but how long will it last ?
form becomes more and more a question of public interest.
unfortunately,con-tent and the objective view whether something is good or bad are not debated to the same degree.



copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:仕事をしていて満足感を得る時を教えて下さい。
jung&wenig:殆どの場合、とても小さな事柄から私達は大きな満足感を得ていると言えますね。
例えば文字。殆ど空白のページ構成に配置されだけですが色やレイアウトだけでとても素晴らしい作品になる。
そんな風に些細なことから得るものは一杯ありますよ。

Hitspaper:when can you have a satisfaction from your work?
jung&wenig:most of the time we get the biggest satisfaction out of very small things while we work.
a letter that looks like an animal,an almost empty page with two,three good placed basic elements on it,a nice color or surface . .it can be anything .


copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
jung&wenig:私達は現在ライプツィヒの荒野で仕事をしています。
そこには古い馬厩舎や石鹸工場があったりします。
好きなようにポスターを貼ったり、部屋のレイアウトも自由に出来ますし、本も自由に読めるそれからボーリングも出来るスペースがあって私達は本当にラッキーですよ。
そしてもうすぐベルリンにスタジオを持つ予定です。

Hitspaper:please talk about the environment around your studio?
jung&wenig:we work in the wilderness of leipzig.
it’s an old horse stable of a soap factory.
we are lucky to have so much space where we can hang our posters,place all our layouts,read some books or play bowling . .
and berlin is just around the corner – the city where we will have our new office soon .


copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:最近のプロジェクトについて教えて下さい。
jung&wenig:ちょうどアイスランド人アーティストkristleifur björnsson [www.kristleifur.com] のレゴプロジェクトに携わっていました。
制作物は1×1.5mサイズのポスターです。このプロジェクトがより良い方向に行くかいつも考えながら作り続けましたね。
加えて新しいプロジェクトとして始まるトビアスレーナーのカタログのコピーを待っているところです。
また現在、私達はベルリンで仕事が出来る新しいギャラリーを探していますよ。

Hitspaper:please tell us about current project?
jung&wenig:we just finished a book for the icelandic artist kristleifur björnsson [www.kristleifur.com] including a 1 x 1.5 m poster of his lego project ; we always dreamt of making something with or for lego.

additionally we are curiously waiting to recieve a copy of the new Tobias Lehner catalogue [paintings] which we designed.
at the moment we are trying to find some new galleries in berlin to work for . .


copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味あることを教えて下さい。
jung&wenig:グラフィックデザイン以外では、音楽に非常に興味がありますね、、、それから文学や建築もしくはインダストリアデザイン、そこから派生する陰陽それから騒音、静寂への興味は尽きることはないでしょう。
あなたが自身で興味あることに情熱を注ぐことと同じように他のクリエィティブシーンに目を向けることが出来るのならばジャンルは全く関係ないと思います。それは靴の製造かもしれませんし、掘削かもしれないしドライブすることかもしれません。

Hitspaper:what genre do you find interesting in the creative scene?
jung&wenig:excluded graphic-design,we both like music very much,but in the end it doesn’t really matter if it is literature,architecture or industrial-design it is about bright and dark,loud and quiet . .
more or less we are all doing the same things,trying to put some love in it ; and if you can see that there is some,it doesn’t matter what genre it is – it can be shoe making or excava- tor driving.


copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
jung&wenig:私達は生活する為の最低限のお金を得ることが出来れば満足です。
ですから今後も魂を売ることになってしまうなら大きな広告代理店とは仕事はしないでしょうね。

Hitspaper:please tell us jung + wenig's future vision?
jung&wenig:we hope to make enough money for an ok living with the things we love to do,so that we don’t have to go to one of these big advertising agencies and sell our souls.


copyright © JUNG + WENIG


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
jung&wenig:いつか何処かでお会いすることが出来れば嬉しいです。

Hitspaper:in conclusion , can I have the message from you to japanese people??
jung&wenig:someday we might meet somewhere,maybe not, hopefully yes.




>>back
| circuit | 18:57 | comments(0) | - |
INKA JARVINEN/Interview With Inka Järvinen
mrs - copyright © inka järvinen

INKA JARVINEN
H.P:www.inkajarvinen.com
H.P:www.girlsofboredom.com
Interview by arata sasaki

フィンランド:ヘルシンキ在住。現在26歳のイラストレーターInka Järvinen。バウハウスを感じさせる多層的な階層で第三者に多様な解釈をさせる作品は素晴らしいの一言に尽きる。
またフィンランドそしてヘルシンキを愛する好青年で、真っ直ぐな心をもった人物。


Hitspaper:自己紹介をお願いします。
Inka:私は現在26歳でフィンランドの首都であるヘルシンキに住んでいます。
7年間ヘルシンキにあるUniversity of Art and Designで勉強をして、ファッション工科から卒業するのですが、現在では何故かグラフィックデザインを勉強中です。
学生時代は2年間フリーランサーでグラフィックやイラストを描き続けてきました。
それからTシャツのブランド"Girls Of Boredom"もやっています。

Hitspaper:Could you tell us your history?
Inka:I'm 26 years old and living in Helsinki, the capital of Finland.
I have studied at the University of Art and Design Helsinki for seven years now, I have graduated from the department of Fashion design and now I'm just finishing my studies with Graphic design.
For couple of years I have been working as a freelance graphic designer and illustrator.
I also have a t-shirt company called "Girls Of Boredom"


landofthelivingdead - copyright © inka järvinen


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Inka:作品を作り始める時私はいつも同じ感覚に襲われます。
それが今まですべての作品の中に私の奥底にある意思が含まれていてそれが第三者にとって感じ取れることを望んでいます。
私の表現方法はイラストですがそれでもその中に1000の言葉が含まれていることを信じていますから。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Inka:I always start working from a certain feeling that i get inside.
I wish that this feeling, what ever it might be will show from my work.
There is always a story in my pictures too but I believe that a picture tells a thousand words.


earthhuts - copyright © inka järvinen


Hitspaper:あなたの作品である""näytös07""について教えて下さい。
Inka:この作品は私の友人でもあるJonatan Erikssonと制作しました。
我々の学校のファッションショーのアイデンティティをグラフィックで表現したのです。
簡単に説明するとバウハウスと有機的な何かをミックスさせたデザインですね。
写真は違うのですが同じテキストでもう一枚制作しています。
これらの2枚のポスターには数字の「0」と「7」が有機的なバウハウスの手法を使って構成されていますね。
フォントもオリジナルですよ。ちなみに "Näytös"はフィンランド語で"show"の意味です。

Hitspaper:Could you tell us about your work's ""näytös07"" ?
Inka:I made Näytös07 with my friend Jonatan Eriksson.
We created a graphic identity for a fashion show that was organized by the fashion students in our school.
The brief was to create something between Bauhaus and something more organic.
We came up with the two posters with different images and same text.
The images in these two posters are based on the numbers "0" and "7" , Bauhaus and more organic.
We also created our own font for this project. "Näytös" means "show" in Finnish.


maneater - copyright © inka järvinen


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Inka:私が思うに重要なことの一つとしては常に気持ちを新鮮に保っていることではないでしょうか。
それから自身のビジョンを信じ続けること。そして作品に多くの時間を費やすこと。いつでも高い目標を掲げることもまた重要です。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for creator?
Inka:I think keeping your mind fresh is one really important element.
I also think that trusting you own vision and hard work shows in the end!
Every time you create something you should always aim higher.


prairie - copyright © inka järvinen


Hitspaper:制作環境について教えて下さい。
Inka:私は都市部に住んでいるのですが殆ど家で作業をしています。
古いスタジオは取り壊されることになったので急いでPCを避難させたのです!
ヘルシンキはとても小さいな都市なので海や自然がとても身近にあるので、非常に満喫していますね。
そしてここにはクリエイティブが溢れていて多くの才能が世界中に羽ばたいていく可能性を秘めた都市だと謂えるでしょう。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Inka:I live right in the center of the city and right now I'm working most of the time at home.
Our old studio was made into a storage so my computer is currently homeless!
Helsinki is quite a small city so we have everything close by, the city life, the sea and the nature.
I really enjoy living here.
The city is full of creativity and Helsinki is waking up with a lot of talent worth spreading around the world!


näytös07 - copyright © inka järvinen & Jonatan Eriksson


Hitspaper:世界中で起こっている社会問題についてのあなたの考えを教えて下さい。
Inka:世界中で非常に多くの問題が発生しています。
例え小さな事柄でもそれが大きな問題へと発展しているのです。
世界は変化し続けていてそして人々もまた同じように変化している。
もはや今、世界で必要としている行動を実行するスーパーマンでなければ充分な人間とは言えないでしょう。
人間は間違ったゴールを目指して歩んでいて自らを苦しめています。
最近こんなリサーチレポートがありました、、、フィンランドの若者に将来なりたいものはと尋ねた時半数以上がセレブな有名人になりたいと答えたのです。
こうなってしまったのはなぜでしょうか?

Hitspaper:Please tell us your thought for a social problem caused in the world?
Inka:There are a lot of bad things happening around the world that are worth mentioning.
I have realized that small things become big one day.
As the world is changing so are the people.
It's not enough to be a human anymore you have to be a super-human who is capable of performing what ever is needed.
People start aiming for the wrong goals and loose themselves.

Recently this research was made that showed that more than half of the finnish youth wanted to become celebrities when they grew up.
Why?


tuli&savu - copyright © inka järvinen & Jaakko Pietiläinen


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Inka:フィンランドから素晴らしい作品を世界に送り続けること!

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Inka:Spreading good taste from Finland to the rest of the world!


girlsofboredom - copyright © inka järvinen


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Inka:フィンランドと日本がより身近になるように大きなきっかけを作りましょう。
私は本当にすぐにでも日本に行きたいと思っています!

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Inka:Someone should build a huge motor so the whole of Japan could come a bit closer to Finland!
I really hope I get to come to Japan soon!




>>back
| circuit | 10:28 | comments(0) | - |
YOMAR AUGUSTO / Interview With Yomar Augusto
copyright © Yomar Augusto
Photos by Maris Mezulis

YOMAR AUGUSTO
H.P:www.yomaraugusto.com
Interview by arata sasaki

ブラジル:リオデジャネイロ出身。現在オランダで活動するグラフィックデザイナー/アーティストであるYomar Augusto。タイポグラフィを専攻してきただけあって作品にはかなりのこだわりが見え隠れすると共にブラジルで生まれ育ったバックグラウンドが絶妙に混じり合い独特のテイストを出している。
今年7月には東京渋谷にあるNanzuka Underground (http://www.nug.jp/)にて自身日本初となるソロエキシビジョン"The Letter Forest"を開催し日本でも確実に知名度が上昇しているアーティストと謂える。


Hitspaper:自己紹介をお願いします。
Yomar:私はリオリオデジャネイロ出身のブラジル人で30歳です。現在はオランダでグラフィックデザイナー、アーティストとして活動しています。
2004〜2005年にハーグにあるoyal Academy of Artでタイポグラフィの修士号を取得する為にヨーロッパに渡ってきました。
妻でありグラフィックデザイナーのRejane Dal BelloはロッテルダムのStudio Dumbarに勤務していて次にステップに行く間ここに数年間留まることを許してくれています。
ヨーロッパに渡る前はリオデジャネイロのスタジオとニューヨークに短い期間ですが勉強をした経験がありますね。
それからバルセロナとベルリンでRojoの仕事をしたのですが、その時は世界中から集められた18人のアーティストとファッションブランドに大きな旋風を巻き起こすため共に制作した経緯があります。
私の最終的な目標は作品の中にアートとデザインを巧くとけ込ませて混合させることです。

Hitspaper:Could you tell us your history?
Yomar:I'm Brazilian from Rio de Janeiro, male, 30 years old, Graphic Designer and Artist currently living and working in The Netherlands.
I came to Europe to pursue a MA Degree in Typography at Royal Academy of Art in The Hague between 2004 and 2005.
My wife, graphic designer Rejane Dal Bello is working at Studio Dumbar in Rotterdam, so we agreed to stay in the country for more some years before to decide our next steep.
Before Europe, I had my one man studio in Rio de Janeiro and a short period experience in New York City.
I've been part of Rojo Artstorm in Barcelona and in Berlin, working together with Rojo magazine and more 18 artists from all over the world, building a huge brainstorm creating a campaign for a fashion brand.
My aim is try to combine art and design.


copyright © Yomar Augusto


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Yomar:私の場合あまりそれについては考えていません。ただ作りたいものを制作しているだけです。
作品は絶えず制作の過程で変化していきますし、その中で活力というエネルギーを探し続けています。
そして最終的な結果が最も重要ですしたぶんそれが私の本当に表現したいことなんだと思います。とは言ったもののまだ模索していますが、、、

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Yomar:I don't think too much about it, I just do it.
My work keeps changing during the process, the energy "in action" is what I'm looking for, is much more important then the final result, maybe this is my real expression but I really could not say precisely.


copyright © Yomar Augusto


Hitspaper:日本で開催されたエキシビジョン"The Letter Forest"について教えて下さい。
Yomar:+81 (http://www.plus81.com/)から10ヶ月前にEメールと手紙でコンタクトを貰ったのです。その後、
Nanzuka Underground (http://www.nug.jp/)を経営しているNanzukaShinjiが私に個展を開かないかと誘ってくれたことがきっかけで東京の渋谷でエキシビジョンを開く決心をしました。
エキシビジョンはフォトグラフとドローイング、カリグラフィ、シルクスクリーン、それからいくつかのスケッチブック合計30点程の作品をミックスしたものでしたね。

Hitspaper:Could you tell us about "The Letter Forest" in japan?
Yomar:Letter Forest project born when Shinji Nanzuka from Nanzuka Underground (http://www.nug.jp/) invited me to come to Japan after saw me at one article about Brazilian designers, artists at +81 (http://www.plus81.com/) After 10 months of emails and letters, we finally arrive in Japan to show 30 works at the gallery in Shibuya.
The exhibition was a mix of photography, drawings, calligraphy, silkscreen prints and some sketchbooks.








Exhibition"The Letter Forest"from Nanzuka Underground in Tokyo
Photos by Maris Mezulis


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Yomar:旅行すること。スケッチブック、それから何事も持続させること。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for artist?
Yomar:Traveling, sketchbooks and persistence.


copyright © Yomar Augusto


Hitspaper:作品を制作して満足いく瞬間を教えて下さい。
Yomar:そうですね、、、私が言えることは制作、生産している最中でしょうか。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Yomar:I guess I can say that my satisfaction coming from working, being productive.


copyright © Yomar Augusto


Hitspaper:あなたの周りの制作環境を教えて下さい。
Yomar:私は2004年からオランダに住んでいてその当時から素晴らしいアートとデザインを肌で感じてることができました。そういった素晴らしい時間を過ごせたことそこから学べたことは非常に誇りに思っています。
しかしながらやはり私にはブラジルで育ったというバックグラウンドがありそれを強く感じますし、今後はそれらをミックスさせることが課題になっていますね。
そして個人的な次なるステップは新しい過程の中でのマテリアルの追求と異なるアプローチ同士を組み合わせることが命題です。

Hitspaper:Please talk about the environment around you?
Yomar:I've been in The Netherlands since 2004 and the design and art scene is amazing, is incredible how design is part of the dutch culture, and I'm really proud to be able to be here and to learn and produce as much as I can.
But I'm really connected with my brazilian background where I try to mix both as much as I can, bring to a personal next level, trying new process, clashing approaches and exploring materials.


copyright © Yomar Augusto


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Yomar:コンセプチュアルなインプレッショニスト、カリグラフィ、写真とミックスされたデジタルベクターイラストレーション。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Yomar:Abstract impressionist, calligraphy and digital vector illustration combing with photography.


copyright © Yomar Augusto


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Yomar:私は近い将来と遠い将来二つのビジョンがあります。今はパーソナルプロジェクトをヨーロッパで2年ないし3年ほど大きなエージジェンシーの元で活動する予定です。
そして遠い未来のはリオデジャネイロで学校を開校したいですね。福祉とデザイン、アートこれが私の生きる目標です。
現在私のスタジオで活動する傍らで講義なども行っているのでその時はこの経験が役に立つでしょうね。

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Yomar:I have several plans for a "near" future and a "far" future, for now I'll continuos living in Europe for more two or three years working inside a big agency with more people and running my personal projects as well.
I have an aim to start a school in Rio de Janeiro, combining social work with design and art, this is my life plan.
I will be running my studio inside of the school, so I will be able to teach and run my projects at the same time.


copyright © Yomar Augusto


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いできますか?
Yomar:日本はいつも私にとってクリエイティブな象徴的存在でした。10日間ほど東京に滞在してエキシビジョンを開催してみて以前の想像していた通りの場所だと確信できましたし、日本は本当にインスピレーションを与える場所です!!!エキシビジョンを開いたことで素晴らしい人間に出会えましたし、次なるステップや活力をたくさん戴きました。
最後にこの記事を読んでくれてそしてこういった機会を与えてくれて本当にありがとうございます。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Yomar:
Japan always has been an iconic place for me, after these 10 days in Tokyo, building the exhibition I could say that I reached much more that I could possibly imagine.
Japan is an inspirational place!!! I met great people and I felt my work going to a next level after Letter forest project, giving me energy for new projects and exhibitions.
Thank you very much for the opportunity to read this article and give me space the to show some of my works.




>>back


| circuit | 10:23 | comments(0) | - |
STEFAN SAGMEISTER / Interview with Stefan Sagmeister
copyright © Stefan Sagmeister

STEFAN SAGMEISTER
H.P:www.sagmeister.com
interview by arata sasaki

オーストリア出身。現在ニューヨーク:マンハッタンに拠点を置くデザイナーStefan Sagmeister。1993年から活動を開始し"Talking Heads boxed set"など代表に数々のデザインアワードを受賞し名実共に素晴らしい実績を持つ。最近では社会問題や自然科学の見解も多数発表しておりデザイン業界に新たな風を吹き込んでいる人物。
設立当初から変わらず素晴らしい理念を掲げ続けている彼から多くのことを学べるインタビューになれば幸いです。


Hitspaper:自己紹介をお願いします。
Stefan:はい。簡単ですが私の略歴をお話します。
私、Stefan Sagmeisterは1993年ニューヨークにSagmeister Incという会社を設立させました。
1993年から活動を開始してRolling Stones, HBO,Guggenheim Museumなど様々なクライアントの作品を手掛けてきています。
"Talking Heads boxed set"という作品は他分野のグラミー賞に5回ノミネートされて実際1つの賞を受賞しています。また様々な国際的なデザインアワードからも表彰されています。

2008年の頭くらいに過去のアーカイブをまとめた"Things I have Learned in my Life so far"という本がエーブラムズから出版される予定ですね。
過去には、チューリッヒ、ウィーン、ニューヨーク、ベルリン、東京、大阪、プラハ、ケルン、ソウル、およびマイアミでソロエキシビジョンを開催してきました。
またニューヨークのビジュアルアートスクールで授業をもっていてそしてすべての大陸で講演活動をしています。
そしてネイティブなオースリア人としてウィーンのApplied Arts大学からMFAを表彰され、またニューヨークのPratt Instituteからは修士号と交付金を受け取っていますね。


Hitspaper:Could you tell us your history?
Stefan:Well, here is my bio, this one sums it up:
BIO:

Stefan Sagmeister formed the New York based Sagmeister Inc.
in 1993 and has since designed for clients as diverse as the Rolling Stones, HBO, and the Guggenheim Museum.
Having been nominated five times for the Grammies he finally won one for the Talking Heads boxed set.
He also earned practically every important international design award.
In the beginning of 2008 a comprehensive book titled "Things I have Learned in my Life so far" will be published by Abrams.
Solo shows on Sagmeister Inc's work have been mounted in Zurich, Vienna, New York, Berlin, Tokyo, Osaka, Prague, Cologne, Seoul and Miami.
He teaches in the graduate department of the School of Visual Art in New York and lectures extensively on all continents.
A native of Austria, he received his MFA from the University of Applied Arts in Vienna and, as a Fulbright Scholar, a master's degree from Pratt Institute in New York.




copyright © Stefan Sagmeister


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Stefan:私達は常に見る側の心に響くデザインに興味があります。
しかしながら最近では美しいだけのイラスト、気取ったフォトグラフ等プロらしく見えるデザインを多く目にする機会があります。
非常にそれらは表面的で悲しいですね。そういった良くデザインされた作品に感動したり考えさせられたりすることはあるでしょうか?
本物は表面上も優れていることと同時に中身がなければなりません。
くどい様ですが私達の目標は誰かの心に響くデザインをすることです。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Stefan:I am still mostly concerned with design that has the ability to touch the viewers heart.
We see so much professionally done and well executed graphic design around us, beautifully illustrated and masterfully photographed, nevertheless, almost all of it leaves me (and I suspect many other viewers) cold.
There is just so much fluff: Well produced, tongue in cheek, pretty, fluff.
Nothing that moves you, nothing to think about,
some is informing, but still all fluff.
Our goal for the future will be to touch somebody's heart with design.


copyright © Stefan Sagmeister


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Stefan:素晴らしいデザインについて話せることは
デザインはクリエーターの魂から成り立っていて形ないものを形成してそれを表現し他人に伝えることにあります。

・記憶を喚起させるデザインをすること
・デザインを何度も何度も見直すこと
・美しいデザインを追求すること
・特殊な技術を高めること
・驚きがあること
・努力を惜しまないこと
・個性を追求すること

Hitspaper:What do you think is the most important elements for creator?
Stefan:I can tell you the kind of design I get excited about:
Designs that needed guts from the creator and still carry the ghost of these guts in the final execution

• Designs that evoke memories
• Designs that are viewable over and over again and again
• Beautiful designs
• Designs whose craft levels are very high (the unbelievebalility that
somebody can be so good at something)
• Surprises
• Extremely labor-intensive designs
• Personalized designs


copyright © Stefan Sagmeister


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
Stefan:
私のスタジオはマンハッタンの中心にあります。ここに移転して14年になりましたね。
そして世界の中でも特にお気に入りの場所です。実は2年前に3ヶ月程、以前から好きだったベルリンに住んだことがあったのですが
やはりニューヨークが恋しくなりましたね。おそらくニューヨークが好きな理由としては多くに外国人がここに集っているからでしょう。
その為、新しい出会いを求めて常に人々が心を開くようになります。
例えばもし私がオーストリアから出ずそこで生活をしていたら高校や大学で友人を得て、そして30、40歳位になると新しい友人は必要なくなっているでしょう。
しかしニューヨークでは周りの人間に対する関心が非常に高い。望むなら多くの人間に出会える場所です。
グラフィックデザイナーだけでなくディレクター、建築家、出版社、作家、政治家、非常に広範囲に知り合えます。
そして彼に会って彼らがあまりスマートではないことを理解する筈です。そうやろうとすればあなたにもできるのですから。
またグループで同じ方向に進みにくい傾向があるのであなた自身が進むべき道を探すのは簡単ですね。
ちょうど先週ある建築家の作品を見にガ−ルフレンドと出かけてきたのですが、現在では建築とグラフィックデザインの業界では大きな違いを再認識させられました。

面白いプラスチック、インダストリアファブリック、コンクリートなど様々なマテリアルを使用しているのが特徴です。

おそらくグラフィックデザインでもそれらを使用して何かを表現できそうです。何が言いたいかと謂うと、異なる職業の人間から学ぶことは
自分の職業の範囲で得られるものより非常に面白いということです。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Stefan:My studio is in the heart of Manhattan.I have been here now for 14 years altogether.
And it's still my favorite place in the world.Two years ago I lived for 3 months in Berlin that I also quite liked.But I only realized when I was back in New York how much I missed it.
I think that maybe my chief love about New York is that so many people are from other countries.
And that makes everybody quite open to meet new people.
You see, I come from Austria where everybody is from Austria; most people grew up in Austria.Everybody acquired his or her friends in high school or university.
So once you are 30 or 40, you don't need to make new friends.But in New York, everybody comes from somewhere else.So there are a lot of people who want to know people.
If you're willing, you can meet a lot of people.
And you'll meet not just graphic designers, you can meet directors, architects, publishers, writers, politicians, a very wide range.
And because you can meet them, you see how they are, and you realize these guys are not so much smarter than you.You can do that too.
So it's much easier for you to go your own way because you're not stuck with the same group at all times.
You know, just last week, I went with my girlfriend to see an architect who showed me his archive.
Now an architectural archive is totally different from a graphic designer's archive.
The materials they have are strange plastics, concrete, industrial fabrics, just a lot of material.So immediately I think maybe I can use it in graphic design.
Different professions influence your own profession in a much more interesting way than always sticking within ones own profession.



copyright © Stefan Sagmeister


Hitspaper:世界で起こっている社会問題についてあなたの考えを教えて下さい。
Stefan:ここ米国で国家予算の半分以上が軍隊に使用されていて、その事実は米国だけでなく世界的にも恐ろしい影響を持ちます。
昨今騒がれている"本当のマジョリティー"は Ben Cohenの論考によって示されています。
彼はその論考で500人の財政指導者とCEO、軍事顧問を集めペンタゴンの予算を15%に削減しその分、教育と福祉に当てるよう予算組をするように訴えています。
それが実現すれば市民の信頼を勝ち取れるだろうと思いますし更に、市場も活気づくだろうと予想しています。
私は軍隊の予算が1%しかないオーストリア出身です。そして現在50%に達する米国に住んでいてその事実が私自身何かをするべきだと考えさせられる良いきっかけになっていますね。

Hitspaper:Please tell us your thought for a social problem caused in the world
Stefan:Right here in the US, the fact that over half of the entire budget is spent on the military has a devastating effect not only on the world, but also on America.
"True Majority" is an initiative by Ben Cohen of Ben & Jerry's ice cream fame.
He assembled a group of 500 business leaders, CEO's and military advisers with the goal to cut 15% of the Pentagon budget and move it over to education and health care.
I felt a group of business leaders will have credibility with the public in budget matters, furthermore they do have marketing experience, which meant the possibilities of success (reaching the goal) were good.
I come from Austria where the military budget amounts to 1% of the federal budget, living in the US where at the moment it is over 50% made me try to do something about it.




copyright © Stefan Sagmeister


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味あることを教えて下さい。
Stefan:大きな方向性としては自然科学の分野ですね。
過去の歴史の上でも素晴らしい文化の発見や今後人間界の未来にとって重要なの調査など今最も見逃せない関心事です。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Stefan:From the big directions, probably Science:
There are incredible developments being created and explored within the scientific community,
probably the biggest discoveries in human history with incredible impacts for all of our future lives and still largely ignored by general culture.


copyright © Stefan Sagmeister


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Stefan:一般的に静止物は重要性を失い続けるでしょう。
その反面、動画は勢いを付けるでしょうね。その為、雑誌、本は廃れていくかもしれません。

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Stefan:The still image will continue to lose its importance.
Everything that can be animated will be animated.
The book will die.



copyright © Stefan Sagmeister


Hitspaper:最後に日本に向けてメッセージをお願いします。
Stefan:
3つ言いたいことがあります。
1.他人を助けることは自分を助けることと同じこと。
2.やる気があれば何でもできる。
3.将来ばかり気にかけていては駄目です。今を生きなければなりません。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Stefan:Here are three:
1. Helping other people helps me
2. Having guts always works out for me
3. Thinking that life will be better in the future is stupid. I have to live now.


copyright © Stefan Sagmeister




>>back
| circuit | 12:55 | comments(0) | - |
ATTIK / Interview with James Sommerville

copyright © ATTIK

ATTIK
H.P:www.attik.com
Interview by arata sasaki

ロンドン、ニューヨーク、シドニーなど世界中に拠点を置くクリエイティブスタジオATTIK。Coca-Cola、JTI/Camel、Adidas、NIKEなど大手クライアントの案件をベースに素晴らしいクオリティの作品を世に送り出している。彼らが出版するNOISE FIVE(彼らは1年に一度デザインブックをリリースしている)が来年2008年1月リリースするのでぜひチェックしてみて欲しい。ATTIKという名前の由来は最初のスタジオがJamesの祖母の屋根裏部屋(英語でATTIK)だった為。

Hitspaper:ATTIKの歴史について教えて下さい。
James:ATTIKの歴史はNOISE FIVE(2008年1月に発表される)の次の版で50ページに渡って紹介されるのですが、ここではそれよりは短いですがお話しします。
私は1982年、ちょうど16歳の時にSimon Needhamとアートスクールで出会いました。
その当時私達はハッダーズフィールド(ロンドンから197マイル北にあるヨークシャーという労働者階級の町)に住んでいて、
ファッションと音楽に夢中になっていました。その頃といえば1980年代はパンクとニューロマンティックが融合したカルチャーが流行していましたね。
今にして思えばファッションや聴いていた音楽を通じて自分達を表現していたのだと思います。
また歩道にチョークで絵を描いてコインを貰おうと躍起になっていたのですが全く貰えませんでしたね、、、お金を稼ぐ為に色々考えましたよ。
歩道で絵を描いて、週末はクラブに通って何とかビジネスにしようと努力したもんですが、最終的には全くそちらでは実らなかったので屋内でデザインをすることにしたんです。
最初のスタジオは私の60歳になるローズウッドと呼ばれるおばあちゃんの屋根裏部屋でした。

当然、今でもそのスタジオの名前を使用していますしそこが私達の原点ですね。
1980年後期になりますと初期のアップルマックに非常に御世話になりましたね。最初のマックは「アップルクラシック」で8kHz、RAMが4MBでした。
それは現在のものと比べると原始的でしたが私達は多いに嵌まりましたよ。
1990年代の半ばには様々なデジタルスタイルを開発していたのでよりバジェットがあるクライアントを探す為に弟2のスタジオをロンドンに開くことにしたのですが、
そのお陰でソニー、セガ、リーボック、EMI Recordsなどの案件に携わることができたのです。
1996年には私達のデザインブック"NOISE"をリリースしたのをきっかけに思い切ってニューヨークにスタジオを開設することにし、1997年1月に実際オフィスを開きMTV、Kodak、NIKEなどの仕事を手掛けたのです。
そこからひたすら仕事に没頭したお陰で素晴らしいスピードでサンフランシスコ、シドニー(オーストラリア)へと展開することができましたね。本当に怒濤の日々でした。
2001年は世界的に財政面、そしてエモーショナルな観点からみても崩壊を迎えた年で私達のビジネスも転換期を迎え、そして非常に重要な決断する時期でしたね。
しかしながら事実は起こるべくして起こったものですしよりそれを乗り越えた事で良い方向に進んで来ていると思っています。
そんな経験を経て現在はよりスリムでより国際的な素晴らしいクライアントと大きな仕事を取り組みたいと考えています。
2003年にはScionの案件を初めて広告代理店への委託業務として開始して、4年間良好な関係を築いて現在ではとても大きなクライアントに成長しています。他にもCoca-Cola (Atlanta)、JTI/Camel (Geneva) 、Adidas (Nuremburg)といったグローバルな案件を手掛けています。

Hitspaper:Could you tell us ATTIK's history?
James:The full story of ATTIK will be revealled over 50 pages in our next edition of NOISE FIVE, (published in January 2008), but here’s the shorter version......
I met Simon Needham at Art School aged 16 in 1982.
We lived in Huddersfield, which is 197 miles north of London in this working class town in Yorkshire.
We were hugely into fashion and music at the time - kind of a mix of styles between Punk and the New Romantic movement in the UK in the 1980’s.
I guess it was a way of expressing our creativity through what we wore and listened to.
It didn’t pay the bills though, so to provide an income, we drew with chalks on the city pavement (sidewalk) across England, hoping that people to throw us some coins.
Our pavement art paid for the entertainment and our weekend clubbing and was our fist creative endeavor that you could describe as a ‘business’.
Finally we had no fingerprints left from rubbing the concrete streets, so we decided to come in-doors, where my 60 year old Grandmother (called Rose Wood) offered her attic bedroom for our first studio.

Naturally we named it after this first location and the name just stuck with us.
In the late 1980’s we were very early adopters of Apple Mac in the UK.
Our first Mac was an “Apple Classic” with 8kHz of blazing speed and a mind-bending 4 megabytes of RAM.
It was primitive (compared today), but we were hooked.
We developed a digital style in the early and mid 1990’s and eventually moved to London to open a second studio to seek more juicy clients ot work for. We won business from Sony, Sega, EMI Records and Reebok.
By 1996 we ventured to New York seeking even newer opportunities launching the studio with our design book (Noise).
We opened an office there in January 1997, working for MTV, Kodak, Nike.
We then expanded rapidly into San Francisco and Sydney (Aus), as the boom years took over our lives.
It was crazy.
By 2001, the world financially and emotionally collapsed and our business struggled.
We had to make very determined and big changes just to stay alive.
However, we believe everything happens for a reason and we came through the other side fitter, leaner, more experienced and very hungry to re-build our business producing great work with international blue chip clients.
By 2003 we won Scion (owned by Toyota) – our very first advertising account.
They are still a huge client today after a very successful 4 year relationship launching the car across the US.
Today we also work globally for Coca-Cola (Atlanta), JTI/Camel (Geneva) and Adidas (Nuremburg).


copyright © ATTIK


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
James:私達は常に何か新しいものを成し遂げていかなければならないと思います。
私達はクライアント(そして自分自身にとっても)に大胆な提案をするのが好きですね。
彼らはそれはあまりにそれはやりすぎたど言ってくるでしょうが、それには強いメッセージとアイデアを伝えることが必要です。
しかしながら最終的にただ絵的に素晴らしいという作品にしてはなりませんが。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
James:I suppose we should always try to achieve something new.
We like to push our clients (and ourselves) to the point where they feel scared.
They will tell us when it’s too far.
We also need to be able to communicate a message and an idea and not just produce ‘pretty pictures’.



copyright © ATTIK


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
James:視野 勇敢さ 創造性 情熱 粘り強さ

Hitspaper:What do you think is the most important elements for creator?
James:
Vision
Bravery
Creativity
Passion
Tenacity



copyright © ATTIK


Hitspaper:仕事で満足感を得る時はどんな時ですか?
James:私の子供12歳か13歳くらいになった時GoogleでATTIKと検索して私達の作品を見て"お父さんのやってる仕事凄くかっこいい"と言われる時ですね。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
James:When my children Google ATTIK and see the work across the world we’ve done over the years and they say “Hey Dad, that’s pretty cool”.
That means a lot when it comes from a 12 and 13 year old.



copyright © ATTIK


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
James:私達の仕事場はイングランドの北部に位置するリーズにあります。
そこは文化的遺産が多くあり伝統的な労働者階級の暮らす都市で、文化的、建築的な観点から見ても古きものと新しきものが融合した非常に多様性がある環境と言えるでしょう。
ATTIKはそんな都市の「Round Foundry」と呼ばれている創造性が豊かな村の中にあります。そこは1940年代に最初の蒸気機関車を開発したパイオニアが育つ場所でもあります。
これらの古い産業は、化学製品と革と陶器類、機会工作、織物、ギアに開発といった所謂"産業革命"の中心となるものでした。
現在では新しい産業が活性化して例えば小規模ないし中規模の制作会社;グラフィックデザイナー、ゲームデザイナー、ウェブ開発、建築、アーティスト、ブランディングコンサルタントなど、素晴らしい環境へと移り変わっています。
実際私達のスタジオはこいった自由で活気がありクリエイティブな村で、誰でも自由に出入りできるスタジオの3階で制作を行っていますね。
隣にパブがあるんですが、それが素晴らしいくらいに役立ちます!

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
James:My day-to-day work is within ATTIK UK’s office based in Leeds in the north of England.
It’s traditionally a working class city with deep heritage, meaning it’s a very rich and diverse environment that, today, fuses together the old and the modern in terms of architecture and culture.
ATTIK is situated within a creative village called “The Round Foundry”, where early industrial pioneers first built steam engines in the 1940’s.
These old industries developed in the “Industrial Revolution” including making machinery for spinning, machine tools, steam engines and gears as well as other industries based on textiles, chemicals and leather and pottery.
Very pioneering.
Today - new industry now makes up the city and the creative village we are situated in – small and medium sized companies such as; graphic designers, game designers, web developers, architects, artists, branding consultants etc – so it’s a cool place to be.

Our actual studio in on 3 floors where everyone is invited to move freely around the building to ensure the creative energy flows.
There’s a pub directly next door – that’s useful!



Hitspaper:最近のプロジェクトを教えて下さい。
James:現在はコカコーラレッドとコカコーラゼロのグローバルブランディングガイドラインを開発しています。
それからイギリスでScionの次のフェーズに移行しているところです。(want2Bsquare.com、littledeviants.com)
またアディダスの小売店の理念構築をベースに、ロシアを始め韓国、アルゼンチン、モンゴルへの展開を考えています。
そうでした、、、私達は現在NOISEというタイトルの本を制作している最中でした。

Hitspaper:Please tell us about current project?
James:We are developing global branding guidelines for Coke Red and Coke Zero.
We have launched Scion’s next phases in US (want2Bsquare.com and littledeviants.com).
We are working with Adidas on global retail identity and talking to companies in Russia, South Korea, Argentina and Mongolia about future projects.
Oh yes and we’re putting the final touches to the NOISE book.




copyright © ATTIK


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味あることを教えて下さい。
James:クリエイティブなものはすべて。
これは私の習慣なのですが仕事から離れると私は自分のスイッチをオフにしてしまうのでいつも妻に怒られています!

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
James:Everything creative interest me.
It’s not a job where I switch-off after I leave the office – it’s a habit that is with me all the time on many levels and therefore I soak up as much as I can all the time – it drives my wife crazy!!!



copyright © ATTIK


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
James:それは秘密ですね、、、ただ私が言えることは私達は現在に留まったり過去を振り返ったりはしないということです。
私達は既存のものを壊して最高のブランド構築の為の新しい方法を探し続けたいと思っています。
それから私とシモンは大学を卒業してから25年経過しても変わらず最高の仲間で有り続けるでしょうね。

Hitspaper:Please tell us ATTIK's future vision?
James:Now that’s top secret – but, what I can say is we are not about standing still and looking back.
We want to break new ground and look for new ways in which we can create work for the best brands in the world.
We are passionate about what we do and still after 25 years after art college –
Simon and I are still best of mates (that helps a lot!)



copyright © ATTIK


Hitspaper:最後に日本に向けてメッセージをお願いします。
James:もしイギリス;リーズもしくはニューヨーク、サンフランシスコに訪れたらぜひATTIKに遊びに来て下さい。
また作品を私達に送って下さい。私達は日本の作品に非常に興味があります、、、それからNOISE FIVE (限定版)をメールa href="mailto:hilary@ATTIK.com" target="_blank">hilary@ATTIK.comで予約するのも忘れないで下さい。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
James:Sure, Come visit ATTIK if you’re ever in Leeds (UK) or New York, San Francisco (USA).
Also, send us your work – we’d love to see it and don’t forget to reserve NOISE FIVE (limited edition) by emailing hilary@ATTIK.com







>>back
| circuit | 00:24 | comments(0) | - |
FL@33 / Interview With Tomi Vollauschek & Agathe Jacquillat
copyright © FL@33

FL@33
H.P:www.flat33.com
Interview by arata sasaki

Agathe Jacquillat(フランス人:パリにあるAcademy Julian卒業 )とTomi Vollauschek(オーストリア人:ドイツフランクフルトにあるFH Darmstadt卒業)によってロンドンで設立されたクリエイティブスタジオ[FL@33]。名前の由来は最初のスタジオの名前がflat number 33だった為。
『3の力』-知性、技術、感情-をフィロソフィーとして掲げる彼らの作品は単なる美しいビジュアルデザインではない力が宿っている。


Hitspaper:FL@33の歴史について教えて下さい。
FL@33:FL@33はロンドンに拠点を置く多言語ビジュアルコミ二ケーションスタジオです。
創始者であるAgathe Jacquillat(フランス人:パリにあるAcademy Julian卒業 )とTomi Vollauschek(オーストリア人:ドイツフランクフルトにあるFH Darmstadt卒業)はRoyal College of Art(RCA)で初めて会い、
そこでは1999年から2001年7月に卒業するまでCommunication Art 、Design学科に在籍していて卒業後ノッティングヒルで会社を立ち上げました。
最初のスタジオの名前がflat number 33だったんです。

私達のスタジオはコンセプト考案からDTP、ブロードキャスト、モーショングラフィックス、インターフェイスデザイン、ウェブデザイン、エキシビジョンデザイン、出版まであらゆるメディアで活動しています。
私達の使命はクライアントワーク、パーソナルワークに関わらずコンセプトとビジュアルのバランスを高い水準で保ちながら素晴らしいアートワークを制作することにあります。

私達の哲学は『3の力』-知性、技術、感情-の3つのバランスに基づいています。これはRCAで最初に学んだ非常に役に立つガイドラインです。
FL@33プロジェクトは多くの雑誌、新聞、世界中のブック、ラジオでフィーチャーされています。

2005年4月にはより大きなスペースを求めてロンドンの中心部にあるClerkenwellに移転しました。
またこの年の5月にはフランスの出版社Pyramyd Editionsの'design&designer'シリーズ(英語とフランス語訳)に参加しました。

パーソナルプロジェクトでは私達が制作した– a celebration of the beauty of tower cranes –が2001年に出版されたトランスフォームマガジンによって受賞され、2002年にはbzzzpeek.comが立ち上げました。
Bzzzpeek(フランス語でミツバチの意)は動物に声を子供達が真似たものを録音した面白いコレクションです。
サイトに訪れた人は自分の言語で参加することができます。現在では20以上に言語が収録されていますよ。勿論日本語も!

2004年10月には姉妹会社であるグラフィック、アート、ファションを中心としたブテッィク"stereohype.com"を立ち上げました。
Stereohype.comは、世界中のデザイナーによってデザインされたTシャツやバッジ収集などの限定版と他にも珍しい作品を提供しているオンラインブティックです。
このブテッィックは新しく革新的でインスピレーションを与える作品を常に探していてこれからも定期的に拡大していく予定です。
作品はstereohypeためだけに制作されたもので世界中のデザイナー、アーティストの為のプラットフォームです。
新進アーティストやイラストレーター、デザイナーの中で才能がある人にフィーチャーして彼らの作品が人の目に留ることが目的です。
この活動は今後も頻繁に行っていきますし、顧客にとっても素晴らしい提供の場所となっていくでしょう。
これらの活動の新しいニュースは私達のウェブサイト、メーリングリスト、インターナショナルマガジン、それからポータルサイトによって配信されます。

Hitspaper:Could you tell us FL@33's history?
FL@33:FL@33 is a multi-lingual and multi-specialised studio for visual communication based in London.
Founders Agathe Jacquillat (French from Paris; Academy Julian, ESAG) and Tomi Vollauschek (Austrian, originally from Frankfurt, Germany; FH Darmstadt) met on the Royal College of Art's (RCA)
postgraduate Communication Art and Design course in 1999 and set up their company in Notting Hill after graduating in July 2001.
Our first studio was in a flat number 33...

The studio is working across all media in the areas Concept Generation, Print, Screenbased Work (Broadcast, Motion Graphics, Interface Design, Websites), Exhibition Design and Publishing.
FL@33s’mission is to create a professional, vibrant, fresh and artistic body of work while keeping a balance between commissioned and self-initiated projects and publications.

FL@33s’work philosophy is based on the 'Power of 3' theory - the balance of intellect, skill and emotion, a very helpful guideline we first heard about at the RCA.
FL@33 projects have been featured in radio broadcasts, online and in numerous magazines, newspapers, books around the world.

April 2005 saw the studio move across town to a much larger space in Central London, Clerkenwell.
To mark this new era a FL@33 monograph was published in May 2005 as part of the highly collectable 'design&designer' series by french Pyramyd Editions (bi-lingual: english and french; book collection number 33!)

Self-initiated projects include the award-winning trans-form magazine – a celebration of the beauty of tower cranes - we published in 2001 and bzzzpeek.com - a website we launched in 2002. Bzzzpeek (the french sound of a bee) presents an amusing collection of sound recordings by children imitating mainly the sounds of animals.
Visitors are encouraged to submit missing sounds and complete sets of missing languages.
So far we have over 20 languages - including Japanese!

In October 2004 FL@33 also launched its sister-company stereohype.com - a graphic art and fashion boutique.
Stereohype.com is an online boutique offering limited editions and rare products including FL@33-designed T-shirts and our popular button badge collection by designers from around the world.
The stereohype range is focusing on fresh, innovative and inspirational works and expands regularly.
Products include exclusively commissioned artworks for stereohype. Stereohype.com is a platform for designers and artists around the world.
Regular competitions give emerging and established artists, illustrators and designers the chance to promote their talent and to get their artworks produced and featured.
This activity ensures frequent updates and guarantees that the stereohype range stays appealing to its critical and demanding customers.
Competitions and exhibitions are announced via our website, mailing list, international magazines and link portals.


copyright © FL@33


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
FL@33:私達はすべての作品において常に最適なコンセプトやビジュアルランゲージ、調和を追求します。その作品がパーソナルワークでもクライアントワークでもその概念は変わりません。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
FL@33:We always try to find the most appropriate concepts, visual language and tone for all our projects - commissioned or self-initiated - and ideally the final work speaks for itself.


copyright © FL@33


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
FL@33:情熱それからクライアントや顧客、そしてオーディエンスに向けてあなたのアイディアを言葉そして視覚的に伝えるコミ二ケーション能力。

Hitspaper:What do you think are the most important elements for creators?
FL@33:Passion and the ability to communicate your ideas and design processes to clients, customers and audiences - verbally and visually.


copyright © FL@33


Hitspaper:仕事をしていて満足感を得る時を教えて下さい。
FL@33:FL@33を設立して6年経過しますが、トータル的にみてまだまだ満足を得られないですね。
私達のロゴ/コンセプトでもある3つの力強いガイドラインが私達を非常にいい線まで運んでくれるのですが、、、

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
FL@33:Even after 6 years of FL@33 we still believe that total satisfaction from our work is an almost impossible thing to achieve.
Although our 'Power of 3' guideline does help us to get pretty close sometimes.


copyright © FL@33
copyright © FL@33


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
FL@33:私達のスタジオは幸いなことに働くこと、本を読むこと、議論をすることが自由に出来るとても実験的で素晴らしい環境ですよ。
そして多くの雑誌や本が至る所にあって穏やかでアットホームな空気が流れていいます。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
FL@33:We consider ourselves lucky to have quite a lot of space available in our studio to experiment, work, read, discuss and do anything we want really.
There are of course plenty of books and magazines everywhere which helps to give our studio a warm and welcoming atmosphere.


copyright © FL@33


Hitspaper:最近のプロジェクトについて教えて下さい。
FL@33:ロレンスキング(パートナーである出版社)から2008年に世界中で出版されることになっている'A Book of Postcards'(仮)というタイトルのアートブックのデザイン•編集をしています。
このプロジェクトは私達の姉妹会社であるstereohype.comの案件で世界中にあるポストカードの中から素晴らしいアートワークをピックして掲載するのですが、、、デザイナー、アーティスト、イラストレーター
フォトグラファーなどの作品のショーケースとなります。
過去3年間、同じ出版局から3冊の本の編集、デザインの仕事をしているのですが('200% Cotton – New T-Shirt Graphics'、'300% Cotton – More T-Shirt Graphics'、'Patterns – New Surface Design'の三冊)
今回の作品は初めてFL@33が著者となる作品です。
この本にパッケージはこれまでの経験を活かして研究に研究を重ねて制作した素晴らしいものになるでしょう。
とにかく非常にエキサイティングな内容ですよ!

Hitspaper:Please tell us about current project?
FL@33:We are currently compiling, editing and designing the first FL@33-initiated book with the working title 'A Book of Postcards' which is due to be published worldwide in 2008 by Laurence King (and partner publishers).
We have unearthed a lot of postcard gems from all around the world and are very excited about the opportunity to continue to do what we started with our sister company stereohype.com – which is to showcase many emerging and established designers, artists, illustrators and photographers besides established ones.
FL@33 has designed and helped editing three books already during the last three years for the same publisher ('200% Cotton – New T-Shirt Graphics', '300% Cotton – More T-Shirt Graphics' and 'Patterns – New Surface Design') but our forthcoming Postcard book will hopefully be the first of many where we are actually authors, too.
The book will come in an intriguing packaging we developed for the project containing specially designed postcards by hand-picked talents.
All very exciting... 8)


copyright © FL@33


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
FL@33:FL@33はすべてのメディアで意味のあるバランスを保ち続ける限り拡大してく予定です。
私達は単純にクライアントが満足してくれること(そして自分自身が満足すること)が好きなんです。その為に今後も本、ポスター、Tシャツ、バッジ、ポストカード、インスタレーション、ウェブサイト、アニメーション、カスタムメイド書体から雑誌のアートディレクションその他様々なビジュアルアイデンディティを制作していくでしょう。

Hitspaper:Please tell us FL@33's future vision?
FL@33:We are aiming to expand FL@33 while maintaining a healthy balance of work across all media.
We simply love to be able to satisfy our clients (and our own) needs to provide them with the full package including visual identities, books and posters, t-shirts, badges and postcards, installations, websites and animations, etc.
Anything really from custom typefaces to art directing publications.


copyright © FL@33
copyright © FL@33


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いできますか?
FL@33:私達は日本のカルチャーに完全に魅了されています。
伝統と現代のアートが混在する日本と大きく関わるチャンスは今まで一度もありませんでした。
ですから日本でエキシビジョンを開催するかStereohype stockistsの販売店を探す事が出来たらとてもハッピーですね!
インタビューありがとうございました!

Hitspaper:in conclusion, can I have the message from you to japanese people??
FL@33:We are completely fascinated by Japanese culture.
The extreme clash between traditional and contemporary Japan is something we would love to experience ourselves one day and simply didn't have the chance yet.
We would also love to work with Japanese galleries and shops to expand our list of Stereohype stockists or exhibit our work and would of course also be very happy to find new FL@33 clients in Japan.
Arigatou! 8)







>>back
| circuit | 11:14 | comments(0) | - |
FORMAVISION / Interview With Sebastien Agneessens
copyright © Formavision

FORMAVISION
H.P:www.formavision.info
Interview by arata sasaki


NYに2003年Sebastien Agneessensによって創立されたアートマネジメントエージェンシー[FORMAVISION]。日本では馴染みが薄いが主にアートイベントのマネジメント業務を行う所謂キュレーターという職業だ。
Sebastien Agneessensは過去アルマーニに勤務しておりデザイナーとしても注目される人物だったがキュレーターという道を選んだ面白い遍歴を持つ人物。実直で誠実な人柄。
今年(2007年)9月にはシンガポールで開催されるENGAGE2007(http://www.engage2007.com/)、バルセロナで開催されるFURTURE FORUM 2007(http://www.designhotels.com/future_forum_2007/overview)にスピーカーとして参加予定。


Hitspaper:FORMAVISIONの歴史について教えて下さい。
Sebastien:Formavisionは私がキュレーターとして活動するプロジェクトの為にスタジオです。
フランスとイタリアの実務研修をした後、2〜3年程スペインにアルマーニで働いていました、それから1999年にニューヨークへ引っ越して来たんです。
ニューヨークに移ったことはインターネットブームが起こった時期であり私にとっても大きな変化でした。
その当時毎日新しい経験の連続でそれがニューヨークに留まっている大きな要因ですね。
その頃はデザイナーとして働いていてシャネルのデザインを行っていましたね、、、同時に2人の友人(スイスのペインターとフランスの建築家)とLower East Sideにギャラリーを開いていました。
日中シャネルの仕事して夜ギャラリーの仕事をしてと二重に生活をしていたのですが。日に日に夜にギャラリーが忙しくなり良い機会でしたのでそちらに全力を注ぐことにしたんです。

私達はアートを売り物にしないインスタレーションを展開していて、その為にそこに融資するお金を探さなければならない苦しい状況でしたね。
その為に2〜3社サポートする企業を探したのですが、ディーゼルがその支援を引き受けてくれてそのきっかけで 2003年9月にFormavisionとういう企業を立ち上げることが出来たの幸いでした。

Formavisionは現在ではコカコーラやスターバックス、シャープ、レクサスのようなブランドのアートプログラムをプロデュースしています。
私達はインスタレーションの方が有名かと思いますがブックなどのデザインも行ってきています。
今私達の世代の多くのデザイナーやアーティストArne Quinze, Kenzo Minami, Stephen Burks, Dror Benshetrit, Jerszy Seymour, WK Interact, Faileなどとコラボレーションしています。

Hitspaper:Could you tell us formavision's history?
Sebastien:Formavision is basically a studio I created for the projects I curate.
I moved to New York in 1999, after business studies in France and Italy, and a few years working for Armani in Spain.
Moving to New York was a big change for me, especially in 1999, in the frenetic rhythm of the Internet boom.
There used to be something new everyday, and it convinced me to stay in New York.
I managed to find a job for Chanel in store design, and simultaneously opened a gallery located in the Lower East Side with two friends of mine - a Swiss painter and a French architect.
I was working for Chanel in the day, and for the gallery at night. Slowly but surely, my nightlife became more busy than my day life, so I decide to focus on it.

We were doing mainly art installations in our gallery, with nothing for sale, so had to find a way to finance the show.
I managed to find sponsorship from a few companies for the shows we had, and at some point, Diesel proposed me to become their curator.
This is when I created Formavision.
It was in September 2003.

Now Formavision is a curating agency that produces art programs for brands such as Coke, Starbucks, Sharp, Lexus etc.
Small agency, big clients. I guess we are mainly famous for our installation work, but we are also involved in books and design work.
We work with many different designers and artists of our generation, such as Arne Quinze, Kenzo Minami, Stephen Burks, Dror Benshetrit, Jerszy Seymour, WK Interact, Faile.


copyright © Formavision


Hitspaper:07 DIESEL DENIM GALLERYについて教えて下さい。
Sebastien:私達はニューヨークでスタジオを開いた直後にDiesel Denim Galleryプロジェクトに参加しました。
それはアートと小売店をミックスさせた様なギャラリーです。
しかしそのスペースは非常に変わっていますが前衛的な施設になっていると思います。逆に何故ディーゼルがそれを承認しているか不思議な位ですね、、、!

私達は国際的なアーティストと一緒に働いて新しいショッピングを模索しています。07年のプログラムではシドニーからKorban Flaubert、ベルギーからJeroen de SchrijverとEllen Depoorter、フランスからはQuistreber兄弟を招聘しました。

Hitspaper:Could you tell us "07 DIESEL DENIM GALLERY"?
Sebastien:We have been working on the Diesel Denim Gallery concept in New York since the beginning.
It is a gallery store that mixes art and retail.
But I must say that the installations that we curate there are very ambitious and eccentric for a retail space, and I often wonder how we manage to get them approved by Diesel!

We usually take over the whole space, creating every time a new shopping experience, working with many international artists, and for instance in the 07 program, we have been working with Korban Flaubert from Sydney, Jeroen de Schrijver and Ellen Depoorter from Belgium, and the Quistrebert brothers from France.


copyright © Formavision


Hitspaper:仕事を通じて表現したいことを教えて下さい。
Sebastien:キュレーターとして私の役割りはアーティストと協力して新しいコンテンツを創造することです。
私達の作品は例え毎回異なるアーティストとのコラボレーションでも一貫したスタイルが見えると思います。
その中で私達は印象的な方法で繊細さと詩的なメッセージをそこに表現しようとしています。
しかしながら通常はブランドの価値観をアートプロジェクトとして表現することにありますね。

Hitspaper:What are you trying to express through your work?
Sebastien:My role as a curator is to collaborate with artists on new content.
And even though we always work with different artists, I think that our own style is visible.
We try to deliver subtle and poetic messages in a striking way.
But more generally, what we try to do throughout all our commissions with brands is translate the brand values into art projects.


copyright © Formavision


Hitspaper:経験を通じて発見・認識したことを教えて下さい。
Sebastien:私達のプロジェクトの成否はクライアントの展望と共にあるでしょうね。
それは言い換えるとクライアントに素晴らしい展望がなければ良いプロジェクトは難しいということです。
そして自分自身を信じる事、それが道を開きますし、インスピレーションと創造性を生み出します。

Hitspaper:What have you discovered or gained through your experiences?
Sebastien:I have discovered that our projects are only as good as our clients.
In other words, if our clients don’t have the vision, then we will not be able to do good projects for them.
That it takes courage to experiment, but that risk and experimentation pay off because they set you apart from the mass.
That you should believe in yourself, because it is the only thing you really have.
That it is inspiration and creativity that keep me going.


copyright © Formavision


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Sebastien:そうですね、、、様々なケースがあると思うのですが、私の場合本能の力、俗に謂う第六感にあると思いますね。
その力は各々のプロジェクトにどの様なアーティストが合うのかそして彼らの力をどの様に導き出せるか教えてくれます。
しかし最も重要なことは創造的プロセスは大部分が潜在意識によって齎されることを信じることです。
時々自分自身のアイデアでさえ自分のものではない感覚に襲われてしまうのですが創造性は自身とシンク(同期)していなければならないと思っています。
それは正しく"NEW AGE"と呼ばれるものです。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for creator?
Sebastien:Well, I think it’s different for everyone, but for me, I think that my strength lies in my instinct, some kind of sixth sense.
It allows me to feel which artists I can work with and how I can provoke and guide them.
But most importantly, I believe that in my case, the creative process is almost subconscious.
Sometimes, I feel that my ideas are not even my ideas, but that instead they are delivered to me in some kind of subliminal way.
I believe that to be creative, I have to be in sync with myself.
I know, it’s very “new age”…


copyright © Formavision


Hitspaper:あなたもスタジオの環境について教えて下さい。
Sebastien:私のスタジオはチャイナタウンにあって古いインダストリアビルディングの一角の5階にあります。
3階には売春宿があり4階にはタコ部屋があります。
私達の階はとても静かですね、、、床は木で天井窓がついていてニューヨークでも理想的な屋根裏部屋ですよ。
机の上にはプラステックの恐竜があって1本のコカコーラと携帯電話、黒いテープ、駐車違反切符がありますね。
私の本Remasteredもあります。55人のアーティストに参加してもらった作品です。日本でも見つけられると思います。
それからグラフィックデザインエージェンシーとインテリアデザインスタジオとシェアしています。
このフロアには合計で20人くらいいますがですがアメリカ人は3人だけです。さすがニューヨークですね!

Hitspaper: Please talk about the environment around your studio?
Sebastien:My studio is in Chinatown, next to Soho, on the 5th floor of an old industrial building.
On the third floor there is a bordello and on the fourth floor a Chinese sweatshop.
Our floor is much more quiet, with an old wooden floor and floor to ceiling windows, very much what you would expect from a New York loft.

Inside it is full of artworks, Apple computers, and contemporary design furniture.
On my desk there is a plastic dinosaur, a glass bottle of Coke filled with water, a cell phone, some rolls of black tape and a parking ticket.

There is also a stack of my books, Remastered, for which I invited 55 artists to commission the masters of western painting.
You should be able to find it in Japan.

We share the office with a graphic design agency and an interior design studio.
We are about 20 people in total, but only 3 Americans. Hey, it’s New York!


copyright © Formavision


Hitspaper:最近のプロジェクトを教えて下さい。
Sebastien:予定されているプロジェクトは一杯ありますね、、、ただ現在はアートバーゼルマイアミビーチの"Vito Acconci "というプロジェクトに全力を尽くしています。そのプロジェクトではバイオミミクリーを題材としたコンテポラリーデザイナーを起用して面白い彫刻をプロデュースしています。

Hitspaper:Please tell us about current project?
Sebastien:We have a lot of projects coming up next, but the ones I am mostly excited by are an outdoor design pavilion with Vito Acconci for Art Basel Miami Beach, and are starting to create and produce a line of design sculptures by contemporary designers based on bio-mimicry.



copyright © Formavision


Hitspaper:今後の予定を教えて下さい。
Sebastien:近い将来ではマーサーホテルでコカコーラを友人と一緒に飲みますね、、、おそらく15分程。
1ヵ月後にはシンガポールで開催されるENGAGE2007(http://www.engage2007.com/)とバルセロナで開催されるFURTURE FORUM 2007(http://www.designhotels.com/future_forum_2007/overview)にスピーカーとして参加します。
3ヵ月後にはドコモまたはスターバックスのプロジェクトに為に来日します。それが家族の為のクリスマスプレゼントになるでしょうね。
来年にはマイアミとロサンゼルス、アブダビにある不動産のプロジェクトの為にインスタレーションを企画しています。
長い目でみれば長くて白い顎髭を蓄えた老人になっていてアートとデザインについてぶつぶつ何かと言っているでしょうね。

Hitspaper:Please tell us formavision's future vision?
Sebastien:In my immediate future, I see a drink with a friend of mine at the Mercer Hotel in Soho.
Probably a Jack and Coke.Maybe two.That’s in 15 minutes actually.
In my one-month future, I see a conference in Singapore (http://www.engage2007.com/) and the next day in Barcelona (http://www.designhotels.com/future_forum_2007/overview).
In the next three months, I see a trip to Japan for Docomo or Starbucks, and then presents to my family for Christmas.
Next year I see more and more installations for real estate projects in Miami, Los Angeles and Abu Dhabi.
In the long run, I see an old man with a long white beard still mumbling about art and design.


copyright © Formavision


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いできますか?
Sebastien:日本の皆さん。私はもうすぐあなた達に会えることを約束します。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Sebastien:Japon mon amour, c’est promis, je passe te voir tres bientot.
Sebastien


copyright © Formavision




>>back
| circuit | 00:37 | comments(0) | - |
TRONIC / Interview With Vivian Rosenthal

copyright © Tronic

TRONIC
H.P:www.tronicstudio.com
Interview by arata sasaki


2001年に大学時代の友人であるJesse SeppiとVivian RosenthalによってN.Y.に設立されたクリエイティブスタジオ[TRONIC]。
建築学科を専攻していただけあって非常に空間スペースの捉え方が巧みなスタジオだ。
設立時、最初のプロジェクトがNIKEという非常に恵まれた環境でスタートした彼らだけに現在ではDIESELやHITACHI、SONYなど幅広いプロジェクトに参加している。


Hitspaper:Tronicの歴史について教えて下さい。
Vivian:Tronicは、Jesse SeppiとRosenthalによって2001年に設立されました。
元々私達二人はコロンビア大学院の建築学科で会いました。
その当時二人はBlue Houseと呼ばれるデジタルとフィジカルスペースの複合について取り組んでいましたね。
そしてこのプロジェクトによってお互いが同じ概念と美学を共有していることに気付かされて、その事がTronicをスタートするきっかけになりました。
その後、卒業してすぐに卒業研究を評価してもらったNIKEからプロジェックトのアプローチがありましたね。

Hitspaper:Could you tell us Tronic's history?
Vivian:Tronic Was Founded In 2001 By Jesse Seppi And Vivian Rosenthal.
We Met At Columbia University's Graduate School Of Architecture.
We Worked On A Joint Thesis There, Called The Blue House, On The Intersection Of Digital And Physical Space.
Our Of This Collaboration Came The Idea To Start Tronic,After Realizing We Shared The Same Concepts And Aesthetics.
Shortly After We Graduated,We Were Approached To Work On A Project For Nike Based On Our Graduate Work.



copyright © Tronic


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Vivian:私達を取り巻く環境の恐怖や愛情を表現しようとしています。
大部分は様々な感情を捉えてそれを掘り下げることにあります。
その中でも身体、建築、アニメーションの融合に興味がありますね。
そういった興味と経験は私達の仕事に対するモチベーションになりますから。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Vivian:We're Always Trying To Express Our Fears And Loves About The World Around Us.
Mostly, We Explore This Through Capturing Different Emotions.
We Are Interested In The Intersection Of The Body, Architecture And Animation...
It Is The Convergence Of All Of These Elements Into An Experience That Really Moves Us.



copyright © Tronic


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Vivian:最も重要な要素は強い欲求だと思います。
欲求がなくては何も達成できないでしょう。
私達のデザインは非常に感情的な場所から生まれています。
次のステップとして私達は自分の欲求と他に人の欲求を繋げることを目指しています。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for creator?
Vivian:The Most Important Element Is To Have A Strong Desire.
Without Desire There's Nothing.
Design For Us Comes From A Very Emotional Place,
Where We Are Trying To Connect Both With Our Own Desires And Then Sometimes They Overlap With Other People's Desires.




Hitspaper:仕事で満足する時はどんな時ですか?
Vivian:まだ満足は覚えたことはないですね。
現在までそうして来たようにこれからも私達の欲求を満たしてくれるプロジェクトを待ち続けるでしょう。
というのも通常プロジェクトには充分な時間がなくそれがいつもフラストレーションになっているので、その事実を早く解決したいですね。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Vivian:I Don't Think We've Found Satisfaction Yet.
We Are Still Waiting For The Project That Allows Us To Take It Even Further Than Where We Have So Far.
Usually There Is Not Enough Time On A Project, Which Is Always Frustrating,Because We Want To Push It Further.



copyright © Tronic


Hitspaper:スタジオの環境を教えて下さい。
Vivian:私達のスタジオは面白い構造をしたスタジオですね。
そして多くの自由がありそれぞれがスタジオに対してレビューできる環境です。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Vivian:Our Studio Is Set Up Somewhat Like An Architectural Studio....
Everyone Has A Lot Of Freedom And Then We Have Reviews Within The Studio.



Hitspaper:最近のプロジェクトを教えて下さい。
Vivian:ちょうど今2、3の異なるプロジェクトに取り組んでいます。
一つは日立のプロジェクトで物質がすべて液体ベースの動きをしたアニメーションで巨大な身体的インスタレーションです。
このインスタレーションはWired MagazineのNextfest(LAで9/3に開催される)で使用されることになります。
またTronicはこのイベントのすべてのデザインを統括するので建築からブランディング、モーショングラフィックス、商標管理まで一貫して行います。

また私達は最近ガイアと呼ばれるアニメオンラインゲームのプロジェクトにも取り組んでいます。
1ヵ月につき200万以上のアクセスがある非常に急成長と遂げたオンラインサイトです。
その中で私達はCGトゥーンシェーディングスタイルに基づいた3本の短編映画を制作しています。
このプロジェクトに携わるまで知らなかったのですがキャラクタベースプロジェクトは刺激的ですね。

Hitspaper:Please tell us about current project?
Vivian:Right Now We Are Working On A Few Different Projects.
One Is For Hitachi -We Are Designing A Large Physical Installation For Them That Combines A Cnc Sculpture With An All Liquid Based Animation.
This Installation Will Be Shown At Wired Magazine's Nextfest, A 3 Day Event That Is Being Held This Year In LA.
Tronic Is Also The Design Firm For Nextfest, So We Are Working On The Architecture, Branding, Signage And Motion Graphics For The Event.

We Are Also Currently Working On An Anime Series Based On An Online Game Called Gaia.
Gaia Is One Of The Fastest Growing Online Worlds, With Over 2 Million Unique Visits A Month.
We're Creating 3 Short Films Based On The Game Using An All Cg Approach With A Toon Shaded Style.
It's Been Exciting To Work On A Character Based Project, Which We Haven't Done Before.



copyright © Tronic


Hitspaper:クリエイティブシーンにおいて興味があることを教えて下さい。
Vivian:建築に関しては学生の頃から興味を失っていませんね。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Vivian:Architecture Continues To Interest Us The Most Within The Creative Scene.



copyright © Tronic


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Vivian:実験し続けることが出来る新しい分野やそいうった面白いプロジェクトに理解があるクライアント、
その事を促進してくれる媒体等を研究、調査して行く事ですね。

Hitspaper:Please tell us Tronic's future vision?
Vivian:To Push Ourselves Into New Territory Where We Can Continue To Experiment And
Work With Forward Thinking Clients To Create Conceptually Based Work That
Explores New Mediums.



copyright © Tronic


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Vivian:Jesseと私は多彩な面で日本のカルチャーを愛しています。
伝統的なロックガーデンから現在の建築、アニメ、また日本のデザインもリスペクトしています。
また漆塗に出会ってからそこから大きなインスピレーションを受けています。
以前Jesseが日本を訪れた時にはその文化に大きく感銘して戻りたくないとも言っていましたよ。
そんな日本を愛している私達なのでいずれ日本で満足するプロジェクトが出来たら嬉しいですね。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Vivian:Jesse And I Love So Many Aspects Of Japanese Culture.
We Have A Great Respect For Japanese Design, From The Traditional Rock Gardens To The Current Architecture And Anime.
Japan And It's People Have Been A Huge Inspiration For Us Since We Met.
When Jesse Went To Japan He Didn't Want To Come Back, He Liked The People And Culture So Much.
We Hope Some Day To Do A Project In Japan, That Would Bring Us Satisfaction!


copyright © Tronic




>>back
| circuit | 22:09 | comments(0) | - |
TAKE-G TOY'S / Interview With Takeji Nakagawa

TAKE-G TOY'S
H.P:take-g.com
Interview by arata sasaki

1978年生まれ長野県出身の"木工作家"中川岳二。
2001年よりTAKE-G TOY'S(テイクジートイズ)という名前でおもちゃのメーカーを営み、柔と剛を兼ね備えた素材である木を使用したおもちゃを多数制作している。
何処か可愛らしいキャラクターデザインや木の特性が活かされたフォルムなど日本ならではのアートクラフトワークです。


Hitspaper:自己紹介をお願いいたします。
Nakagawa:テイクジー・トイズは中川岳二がやっている木のおもちゃメーカーというくくりの表現活動です。
HPなどを見るとほんとうに「メーカー(会社)」のようですが、一番近い言葉は「木工作家」だと思います。
大学では工芸工業デザイン学科という所で勉強していたました。
「工芸工業デザイン」で習ったこと総動員でやってみたら変なことになっていた感じです。
たぶん、どこかで線を引くべきだったのかもしれませんね。
最近ぼくの作品が海外のブログなどで評判(?)になるという珍事があったのですが、
その時も「アート」「おもちゃ」「デザイン」「ロボ系」など実に様々な捉え方をされていました。
どちらかというと「工芸、クラフト」で扱われることは少なかったようで、
いちおう「木工作家」と職業欄には書いているので、今後どうすべきか悩んでいます。

Hitspaper:Could you tell us about you?
Nakagawa:Take-g toy's is an expression activity of bundling of toy manufacturer of the tree that Takeji Nakagawa is done.
I studied at the university at a place called the craft industrial design.
It is feeling that was strange when it was tried to have learnt it by "Craft industrial design" in the general mobilization.
Maybe, the line might have had to be drawn somewhere.
At that time, very various hows such as "Art", "Toy", "Design", and "Robo system" to catch were done the work of me recently though it was an overseas blog etc.
How to be going to do in the future worries because it is being written, Either being treated by "industrial art and craft" was few, and "woodworker" in the occupation column.





Hitspaper:作品を通じて表現したいこと伝えたいことを教えて下さい。
Nakagawa:作品自体を通じて伝えたいことは「ある」とも「ない」ともいえません。
表現活動の全体を通して(死ぬまでに、いや後でもいいか)、「もの」に価値を取り戻すことができればと思っています。
まぁ基本的には楽しんでもらえれば、それでよしです。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Nakagawa:It cannot be said, it is "Yes" and "No".
I want to regain the value to "objects" again Whole Expression activity.
Then, if it is possible to enjoy it basically, it is good.
I do not think that a toy material should be a tree though the material of tree is the highest.





Hitspaper:木にかなりこだわりが見えますが何故おもちゃに木という素材を選んだのでしょうか?
Nakagawa:おもちゃを作っていて木を選んだのではなくて、木を好きになっておもちゃを作るようになりました。
もともとはハンスウェグナーやフィンユール、ジョージナカシマなどに憧れて、家具作家(デザイナー)になりたくて、大学では木工を専攻しました。
木という素材は最高ですが、おもちゃの素材が木でなければならないとは思いません。
例えば、砂場やお風呂で繰り返し遊ぶおもちゃに木は向きませんから。

Hitspaper:Why was the material of tree chosen to be a toy?
Nakagawa:The tree was not chosen but the toy was made, it came to like trees, and it came to make the toy.
The furniture writer (designer) and woodwork was majored in at the university originally yearning to Hanswegnar, Fin'yul, and Jorge nakashima.
For exemple, the tree doesn't turn to the toy that plays repeatedly in the sand and the bath.





Hitspaper:おもちゃを制作するクリエーターとして最も重要な要素は何だと思いますか?
Nakagawa:どんなものをつくるにしても素材を知ることは最も重要だと思います。
次いでつくるという行為そのものを知ることかな。
素材を知ることは「大切さ」を知ることだし、つくる過程を知ることは「大変さ」を知ることです。
その大切で大変なものを何万個もつくることの途方もない間違いに気がつくことができますから。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for Craft industrial designer?
Nakagawa:I think that it is the most important to know the material even if what one is made.
Next, know the act of making it.
For knowing the material to know "Importance", and to know the process of making it is to know "Trouble".
An extraordinary mistake of making the tens of thousands of important, serious one can be noticed.




 
Hitspaper:長野県で制作する意義を教えて戴けますか?
Nakagawa:消費と文化を生み出すことは対局ですから、消費から遠い場所でつくる方が適当だと思っています。

Hitspaper:Please tell us the meaning produced in Nagano.
Nakagawa:It is thought that making in a place far from consumption is more suitable because it is a play to invent consumption and the culture.





Hitspaper:中川さんの作品はとてもアナログで子供にも優しい良い雰囲気を纏っていますが、
最近のデジタル社会で何か(作品もしくはそれに関連するもので)影響を受けていますか?
Nakagawa:パッと浮ぶものがありませんが、何かしら影響はあると思います。

Hitspaper:Do you think the development of technology we have been exposed in the recent years has affected the ways you?
Nakagawa:I think that there is an influence somehow though there is no something suddenly.





Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Nakagawa:「もの」に価値を取り戻すことです。
そしてこれをどこまでも楽しそうにやることです。

Hitspaper:Could you tell us any plans of Your Future?
Nakagawa:Value is regained in "One".
And, this is happily done also even of where.






Hitspaper:最後にメッセージをお願いできますか?
Nakagawa:これ以上もののいらない時代に、ものづくりをしたい我がままなぼくを許して下さい!かな。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you??
Nakagawa:I want to make the one and please forgive me.







>>back
| circuit | 23:28 | comments(0) | - |
ZACH GOLD / Interview With Zach Gold
copyright © Zach Gold

ZACH GOLD
H.P:www.zachgold.com
Interview by arata sasaki

N.Y:ブルックリン在住38歳のフォトグラファーZach Gold。
素晴らしいコマーシャルワークを制作する傍ら、フォトグラフィにイラストレーションをミクスチャーさせたアートワークも制作している。
また、現在、45人のフォトグラファー・アーティストと共にファッション/アートプロジェクト"Playground"を展開中。


Hitspaper:あなたについて教えて下さい。
Zach:私はあなたに多くのことを伝えることができます。
まずブルックリンに住んでいること。友達を愛していること。それからもしフォトグラファーになっていなかったら僧侶になっていたでしょうね。

Hitspaper:Could you tell us about you?
Zach:I could tell you many things.
I live in brooklyn, I love my friends, if I was going to be something other than a photographer I would be a monk.


copyright © Zach Gold


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Zach:いつもこの手に質問の答えは難しいですね。
私は美を追求することに取り憑かれていて、その表現を伝統的なリアリティから切り離し新しい形を模索しています。
それから私は人々にインパクトを残すことに関心があり常に美に対するポテンシャルと爆発力を求めます。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Zach:That is always a hard question.
I am obsessed with beauty.
And that act of creation that stands separate from traditional reality.
Creating realities, and new ways of seeing the figure.
I am interested in impact, potential impact and explosion.
Transition of form


copyright © Zach Gold


Hitspaper:経験を通じて認識・発見したことを教えて下さい。
Zach:私はある種の先天的能力は殆ど意味がなく、自分自身で選択をしそれを価値あるものにする努力が大切だと再認識しましたね。

Hitspaper:Whats have you discovered or gained through your experiences?
Zach:I have discovered that there is no inherent meaning in events and that you are able to create your reality by choosing what you make things mean


copyright © Zach Gold


Hitspaper:フォトグラファーにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Zach:写真を撮ること、無心で働くこと、世界に関心を抱くこと、そして愛を育むこと。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for Photographer?
Zach:Take pictures, be working, be interested in the world, be in love


copyright © Zach Gold


Hitspaper:フォトグラフィの最近の主流はどのように変化していると思いますか?
Zach:フォトグラフィのこの頃の主流を言及するのは難しいですね。
同時に複数に傾向があるからですが、、、ただ一つ言えることはプロでない一般人も写真を撮っていることでしょうか。

Hitspaper:How do you think of current trends in mainstream photography?
Zach:Hard to say what mainstream photography is these days.
There are many streams that exist simultaneously - I think that everyone is taking pictures is one trend


copyright © Zach Gold


Hitspaper:最近の傾向として人々はフォトグラファーに何を求めていると思いますか?
Zach:私が広告とファッションの仕事に携わり始めた時から非常に保守的になって来たと思いますね。

Hitspaper:As a recent trend,what kinds of things do you see people demanding from Photographer?
Zach:One trend I am noticing that advertising and fashion had become much more conservative since I started working.


copyright © Zach Gold


Hitspaper:最近最もインスピレーションを受けたフォトグラファーもしくはアーティストは誰ですか?
Zach:フランシス・ベーコン

Hitspaper:Who is the most inspiring photograher or artist these days in your opinion?
Zach:Francis bacon


copyright © Zach Gold
copyright © Zach Gold


Hitspaper:将来の予定を教えて下さい。
Zach:ちょうど今Julie Ragoliaと一緒にファッションとアートへのユニークなアプローチをテーマとしたプロジェクトPlaygroundを始めています。
参加アーティストはterrence koh、surface to air、tierney gearon、yelena yemchuk、martina hoogland ivanow、michaelangelo di battista、、、等その他45人のアーティストが参加しています。

Hitspaper:Could you tell us any plans of Your Future?
Zach: Together with Julie Ragolia I have just started Playground www.theplaygroundisfun.com which is a unique approach to fashion publishing and art collecting.
It includes the work of 45 artisits including terrence koh, surface to air, tierney gearon, yelena yemchuk,martina hoogland ivanow and michaelangelo di battista and many others


copyright © Zach Gold


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Zach:私達のプロジェクト"Playground"に遊びに来て下さい。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Zach:Come play with us at the Playground


copyright © Zach Gold




>>back
| circuit | 10:11 | comments(0) | - |

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS