スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
CHRISTOS LIALIOS/ Interview With Christos Lialios
"Letters" © Christos Lialios


CHRISTOS LIALIOS

H.P:www.christoslialios.nl
Interview by arata sasaki


アテネ在住のグラフィックデザイナーChristos Lialios(クリストス・ライリオス)。
異なる封筒を組み合わせた実験的なタイポグラフィや子供の為の塗り絵本を使ったワークショップなど面白いプロジェクトを仕掛ける
オーガナイザーでもある。
新しいプロジェクト毎に自身オリジナルタイポに取り組むという彼にそのアイデンティティやヴィジョンを話してもらった。


Hitspaper:自己紹介をお願いします。
Christos:私は現在38歳でアテネに住んでいます。
グラフィックデザインは14年前に勉強し始めましたね。
私立のエンバイロメンタル・アート学部を卒業してその後、オランダのジャンファンアイク大学の大学院で研究を続けて来ました。
その後、アテネのいくつかの小さいスタジオでグラフィックデザイナーとしてまたオランダで2年間フリーランサーとして働いていました。
現在では自分のスタジオを経営し、アーティストやキュレーターとともに仕事をしています。
なので大体にカルチャアルプロジェクトに携わっていますね。

Hitspaper:Could you tell us about you?
Christos:I am 38 years old and I live in Athens.
I started my studies in graphic design fourteen years ago.
I did my B.A. in a private college in Athens in the department of environmental art and after that I did my postgraduate studies at the Jan van Eyck Akademie in The Netherlands.
In between I was working as a graphic designer in several small studios in Athens and I worked as a freelancer for 2 years in The Netherlands.
Now I am running my own studio and I collaborate with artists and curators.
So I am working primarily on cultural projects.




"Looping" © Christos Lialios


Hitspaper:作品を通じて表現したいことは何ですか?
Christos:正直何を表現したいか解らないのですが無意識に好奇心をくすぐるものを作り続けるでしょう。
好奇心をそそるものは同時にすべてのことを満たすかもしれません。
私は質問を答えることまたそれを前進させることで自らの情報を発信しようと試みています。
この過程は熟考から生まれた言葉と美学的思想によって補われています。

Hitspaper:What are you trying to express through your work?
Christos:I do not really try and express anything but automatically I will try to be intriguing.
Being intriguing might satisfy all constraints simultaneously.
I am trying to inform the thing I promote and give answers to the questions.
This process is covered by words of reflection and aesthetic concern.


© Christos Lialios


Hitspaper:オリジナルタイポグラフィ"we could send letters to each other every day"を制作しましたね。あれは素晴らしい作品です!
あなたはタイポグラフィで何を表現したいのでしょうか?
Christos:はい。あのプロジェクトは非常に素晴らしい成功を収めました。
プロジェクト自体は偶然スタートしたものなんです。ラテンアルファベットについての本の仕事をしていた時でした。
その仕事でRの文字に非常に時間がかかってしまったことを覚えています、、、その時封筒を裏返してみて封筒(手紙)と文字(タイプ)には通じるものがあると発見しました。
それがアルファベット制作に繋がりましたね。
私はタイプが大好きですそしていつもプロジェクトの為にタイポ制作を試みています。
それはプロジェックトに個性とアイデンティティを与えてくれますから。

Hitspaper:You developed original typography "we could send letters to each other every day".
it's exciting! What are you trying to express through typography?
Christos:Yes, that project turned out very successfully.
It started out by accident... I was working on a book that deals with the Latin alphabet.
I remember spending many hours on the letter R... So I created the form of the letter out of the back side of a mail enveloppe... Then I realised that the letters (the type) and the letters (the mail) had something in common... and the idea came up to make an alphabet.
I love type and I always try to make a new type for the projects I work for.
It gives individuality to the project, an identity of its own...


© Christos Lialios


Hitspaper:"Looping"という作品について教えて下さい。
Christos:"Looping"という作品は6年前にジャンファンアイク大学の研究で始めたものです。
それは私自身が子供の落書きと着色の観察をしようと思ったからに他ありません。
この本は着色するすべてのツールを持ち去ることから始動しましたね。
プロジェクトには指示や色の指定、提案が一つもなく、そして最終的には色着けするという言葉も省きました。
ブックには様々なスペースがあります。そしてユーザー(ここで言う子供ですが)にとってとても重要なことはそれらの空間なのです。
それらのページは関連しあって最終的に統一感が生まれて来ます。
したがってこの本の重要な機能は子供のパフォーマンスがそれぞれに作品で繋がっていること。そして、また各々で特徴的な作品としても成り立っていることが挙げられます。
これが探求して得た形ですね。
そういった風景で面白いことに気がつきました、、、中には色塗りをすることに興味がなくひたすら落書きする子供もいました。
それはまるでページ毎に自分自身のオリジナル言語を使用しているかのようでしたね。
彼らは落書きはするのですが決して色塗りには加わりません。
マーストリヒトにあるモンテッソーリ学校で5、6、7歳くらいの子供30人集めてワークショップを行いましたが
彼らは毎日1時間楽しみながらこのブック制作をしてくれました。
何の指示も何も与えず、、、その結果素晴らしい作品が出来たと思っています。
あなたが何かを建設(物事を創造する時)それをより素晴らしいものにするには他の誰かの力が必要だということを知って欲しいです。
このクラスに本を持っていくことでそれらはより素晴しく、美しい本に変わりました。

Hitspaper:Please talk about your project "Looping"?
Christos:Looping started as a research project six years ago at the Jan van Eyck Akademie.
It has to do with my own observation of children's drawings and of colouring books.
I started this book by taking away all the basic tools that manufacturers use to make a colouring book.
There were no instructions, no colours to suggest and finally I decided to skip the word "colouring".
In this book there are different spaces with different areas and all that matters to the user (the child) is that these spaces, these pages are connected.
They become unified.
So the important function of this book is that the child is performing the action of connecting things to each other and distinguishing things from each other.
This is a form of exploration.
The children who colour in are not so interested in representing the "landscapes" but are rather engaged in making it, as if they were finishing the book using their own language by mapping a new space with each turn of the page.
They do not participate in the action of colouring in but in the action of drawing.
I did a workshop with a "looping" book at the Montessori School in Maastricht with a class of thirty children of five, six and seven years old.
They spent an hour every day playing-working with the books.
No instructions were given... Each result was a piece of beauty... It is very important to know that when you build something there will be someone else to take this higher.
This class took my book and they transformed it into a better, individual, beautiful book.


© Christos Lialios


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Christos:難しい質問ですね。
クリエーターは多くのアイデアとどのようにそれを実際使用するかそれぞれの見識が違います。
個人的には教育で得た知識と創造性にリサーチをミックスさせることが重要だと思っています。

Hitspaper:What do you think is the most important element for a creator?
Christos:This is a very difficult question to answer.
The creator has different elements to use from and many more ideas of how to apply them.
I would think that education instilling knowledge and creativity combined with research are most important to me.


© Christos Lialios
© Christos Lialios


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
Christos:私のスタジオは自分の家ですね。
そこに行くにはリビングルーム、キッチン、ベッドルームを通り過ぎてる必要があります。
あまり大きくはないですが。アテネの中心地にあるので地下鉄にアクセスしやすく自由に動けます。
本当は大きなスタジオを持つのが夢なんですがそれには私自身の仕事を真剣に見直す必要があるでしょう。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Christos:My studio is based in my house.
To get in you have to cross the whole house: living room, kitchen, bedroom... and finally you are in my studio.
Not too big. Based in the center of Athens.
Close to a metro so I can easily move around.
I wish I could have a big studio but then I have to change my politic about my work.


© Christos Lialios


Hitspaper:今後のヴィジョンを教えて下さい。
Christos:将来のことは毎日変わっていますね。
それはいつも私を新鮮で生き生きさせてくれるものです。
今まで壮大なヴィジョンがあったかはわかりません。
私は一つの夢を持ち続けるよりヴィジョンを創造する過程によってそれに順応しています。
今日、私はヴィジョンに似たアイデアが浮かびました。それはアテネでコンテポラリーグラフィックデザインのエキシビジョン
をオーガナイズすることです!

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Christos:Every day I have a different vision.
It keeps me fresh and alive.
I do not know if I ever had a grand vision.
I am more attuned to the process of creating a vision than actually having one.
Today I had an idea which looks like a vision to me, to organise an exhibition of contemporary graphic design in Athens!



Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Christos:幸運を祈っています!

Hitspaper:In conclusion, can I have the message from you to Japanese people?
Christos:Good luck!




>>back

| circuit | 18:08 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:08 | - | - |
Comment








Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS