スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
WILLIAM LAMSON / Interview with William Lamson
copyright © William Lamson

WILLIAM LAMSON
H.P:www.williamlamson.com
Interview by arata sasaki


ブルックリン在住の異色なアーティストWILLIAM LAMSON(ウィリアム・ラムソン)。彼が思い描く男らしさ、勇敢さ、があふれるユートピアを笑い(彼自身は全く笑いをとろうと思っていないが)、馬鹿馬鹿しさ(彼が言うところの素人感)
というフィルターを通じて表現する非常に興味深い人物だ。元々写真を勉強していただけあって撮られ方(彼自身がパフォーマンスを行う)が巧い。現代版ドンキホーテ。


Hitspaper:あなたについて教えて下さい。
Wlil:私は高校2年生の夏から写真を撮り始めて大学在学中に本格的に勉強をはじめてたのですが、大学院が通っていた頃、写真は私にあった仕事ではないと気付き
今の仕事になったわけです。

Hitspaper:Could you tell us about your history?
Wlil:I began taking pictures the summer after my sophomore year in high school, and I continued studying photography throughout college, however it was not until after graduate school that I felt I was making work which was my own.


copyright © William Lamson


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Wlil:私の作品は、男らしさ、アマチュアリズム、科学、遊びと実現不可能な問題に自身の勇敢さをもって戦うことが根底にあります。
私は活動的で愛によってそれらを達成する素人(未熟者)に興味があるのです。技術的、専門性が高い技術が欠如しているのでだいぶ作品を制限さぜることも多いですが。
だから私は人間の闘争とどのようにしてそれらを通じて作品を表現するか人間の本質を研究することが業績になるでしょう。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Wlil:My work addresses issues of masculinity, amateurism, science, play and the quixotic quest for personal heroism that accompanies these subjects.
I am interested in the character of the amateur, the person who is motivated by love for the activity and a desire to achieve, but is limited by a lack of physical and technical expertise.
Through the exploration of this character my work deals with human struggle and how we create meaning through it.


copyright © William Lamson


Hitspaper:アーティストにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Wlil:私が思うに遊び感覚を持つことですね。何故ならそうすることによって新しい方法論を発見できるからです。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for Artist?
Wlil:For me, maintaining a sense of play is the most important element to being an artist, because it is out of these irreverent gestures that we can discover a new way to make work.


copyright © William Lamson


Hitspaper:自身の仕事を通じて満足いく瞬間を教えて下さい。
Wlil:予想外の驚くべきサプライズが起こった時ですね。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Wlil:I am satisfied with a work when I am surprised by it, when it does something that I did not totally expect.


copyright © William Lamson


Hitspaper:あなたの周りの環境を教えて下さい。
Wlil:私は現在ブルックリンに住んでいます。ここは非常に素晴らしいが物価など高いですね、、、ここに長く住めば住むほど贅沢をしているのが
良くわかります。ちょうど1週間ほどベルリンに戻っていたのですがそちらの方がはるかに安いですから。しかし、何故そうまでしてここに留まっているのか考えさせられましたよ。

Hitspaper:Please talk about the environment around you?
Wlil:I live in Brooklyn, which is great, but expensive and the longer I live in New York, the more I realize what a luxury it is to live here.
I just came back from being in Berlin for a week, and because rents are so much cheaper there, it really made me examine why I am here and what its doing for me.


copyright © William Lamson


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Wlil:今ちょうど興味深いのは彫刻とパフォーマンス、インスタレーションの中間に位置するアーティストですね。
なぜなら私自身の作品もそういった方向性ですから。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Wlil:Right now I am most interested in artists who work between sculpture, performance and installation.
This is because my own work is moving into this direction.


copyright © William Lamson


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Wlil:ちょうど今、動いてるプロジェクトがいくつかあります。しかし多くは資金提供を受けるか研修を受けるかしなければならないでしょう。
今から3年前に再び写真を撮ることを始めましたがまずは周りを良くみる必要があったのです。
しかし現在では写真より他に興味があることを見つけましたね、、、それは彫刻とそれらの事柄で発見するサトルティな方法論で、
それらは計画性と生産性を多いに含んだ本当にすばらしいチャンスなのです。


copyright © William Lamson


Hitspaper:Please tell us about your future vision?
Wlil:There are a number of project that I am working on right now, but a lot of them depend on getting funding or receiving a residency.
I just started a body of work that goes back to the process of picture making I was doing 3 years ago, that largely involves driving around and making pictures of things that I find.

But now, instead of just photographing things the way that I find them, I am building small temporary sculptures or subtlety changing the way that I find these objects.
It’s a really nice break from work that involves lots of planning and production.


copyright © William Lamson


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Wlil:日本人に向けて特に素晴らしいメッセージはないのですがただ一点私は日本に訪れることをとても楽しみにしています!

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Wlil:I don’t have any great messages to give to the Japanese people, except that I would love to visit!





>>back
| circuit | 02:08 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 02:08 | - | - |
Comment








Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS