スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
NOAH BUTKUS / Interview with Noah Butkus
copyright © Noah Butkus

NOAH BUTKUS
H.P: www.noahbutkus.com
Interview by arata sasaki

米国在住のイラストレーターNOAH BUTKUS(ノア・ブトカス)。幼少の頃からコミック雑誌に影響を受け独学でイラストレーションを描き始める。
近年ではその独特でダークなイラストレーションが話題を呼びバートンなどに作品を提供している。
コミックに多大なる影響を受け進化する若きイラストレーターが今後どの様な道を歩むのか非常に楽しみだ。


Hitspaper:自己紹介をお願いします。
Noah:私が絵を描き初めたのはまだ本当に幼い時です。
最初は大好きなマンガの絵をトレースして描いていましたね、、、それからかれこれ長い間、絵を描いていますが未だにマンガからおおきなインスピレーションを受けています。
しかし高校時代は絵を描くことをあきらめざる得ない状況でした。その間は私の夢はクローゼットに入っているようなものでしたし、やはりドローイングは自ら題材を選び楽しみながら
描かないと全く退屈ですからね、、、
それから後、私の兄がハードコア/パンクバンドを始めてその時にポスターやTシャツのグラフィッックを描きまたこの道に戻ってきたのです。
その作品が初めてのクライアントで相手の要望に併せてかつ自身の自由を融合させたものになりますね。
間もなくしてバートンスノーボードのサマー用のグラフィックの仕事の依頼が来て多くのスケッチを描きました。
結局その仕事は2年程させてもらってグラフィックデザインの基礎が何たるかを学んだと思います。現在ではもっぱらイラストレーションと時折のデザインの仕事をしていますよ。

Hitspaper:Could you tell us about you?
Noah:i started drawing heavily when i was pretty young.
i would copy drawings from my favorite comic books, i would trace them or blow them up with a projector, and i did this for a really long time and then i just started drawing on my own, but still referencing comic books for inspiration.
i ended up leaving high early and not really doing much, i worked in a kitchen at a summer camp for two years , then i ended up getting a job at screen printing shop and ended up working there for a number of years, it was the closest thing to a dream job i could have had at the time, they allowed me to print my own stuff when ever i wanted which was the only real reason i stayed working there for close to five years.
screen printing is really boring if you're not working on your own stuff.
it was good though because there i started making more graphical work designing and printing posters and shirts for my brothers hardcore/punk-rock band.
so it sort of started me down a road where i was dealing with art and type and creating things for other people than what i had done for years in just drawing purely for my own self enjoyment.
shortly after i left the screen printing place i was put in contact with a design director at jdk in burlington VT he asked me to come to vermont for the summer and create a line for burton snowboards based on drawings from a bunch of my sketchbooks.
i went up there and ended up staying there for a couple years working and that's where i got a more formal understanding of working in graphics.
now my days are mostly filled with doing illustration jobs and the occasional design job.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Noah:作品を通じて重いメッセージはありませんね。
ドローイングは私の潜在意識から来るものなので、外部のものより私のメンタルから派生しているものだと思います。
私にとって絵を描いたり落書きをすることは自身の楽しみ、エンターテイメントでしかないのです。
だから絵を描いている時、自身が存在していることを実感できますし、それによってもし他の人間が喜んでくれるなら嬉しいですね。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Noah:i don't go to message heavy in my stuff.
my personal drawings come from my subconscious, so i think my work is more affected by my mental state more than any thing else.
for me drawing and doodling is really something i do for fun and my own entertainment.
when people look at my work hopefully they can get a sense of who i am and are taken to the same place i go when I'm drawing.
if people enjoy looking at a drawing or a painting that i've done, i happy with that.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:経験を通じて発見したことを教えて下さい。
Noah:自身の本能を信じることが重要だと言うことでしょうか。また今後は作品を制作しながら喜びや楽しみをそれらに注入していけたらと思っています。
なぜなら楽しみながら制作をしていないのなら次のステップには到底行けないですからね、、、

Hitspaper:Whats have you discovered or gained through your experiences?
Noah:i've discover that it's important really listen my instincts, and try to find a way to have fun and inject myself into what ever it is i'm working on.
because if you aren't enjoying what you are doing then your less motivated to really push to the next level, and it will show in the work.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Noah:インスピレーションと自発性。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for Creator?
Noah:inspiration and motivation.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:クリエーターとしてのターニングポイントを教えて下さい。
Noah:まだターニングポイントは迎えていないでしょう。
今後ものを制作して人生で大きなインパクトを受けた時初めてその時が訪れると思います。

Hitspaper:Could you tell us about your turning point as a creator?
Noah:i'm still turning each corner as comes to me.
i can really pin point a moment because there's been so many imporant times in my life that had an impact on how i see things and make things.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Noah:一杯ありすぎますね、、、ただ今はマンガでしょうかね。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Noah:so many things interest me but mostly i love comic books.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:将来の予定を教えて下さい。
Noah:今秋にはいくつかのアートショーを予定しています。それから日本のロケットギャラリーでも展示をする予定です。
だから今多くの作品を楽しみながら描いていますね。

Hitspaper:Could you tell us any plans of Your Future?
Noah:i have some art shows coming up in early fall, and i'll be selling some art work through rocket gallery in japan soon too.
so I'm in the midst of doing a lot drawing at the moment which is really fun for me.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いできますか?
Noah:こんにちは。そしてスーパーマリオ、まことちゃん、ドラエもんをありがとう。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Noah:hello and thanks for super mario, makoto chan, and doraemon.


copyright © Noah Butkus




>>back
| circuit | 17:23 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 17:23 | - | - |
Comment








Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS