スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
MARLENE MARINO / Interview With Marlene Marino
copyright © Marlene Mario

MARLENE MARINO
H.P:www.marlenemarino.net
Interview by arata sasaki

キューバ難民とコロンビア移民の子として生を授かり、現在ではNYで活動するフォトグラファーMarlene Mario。非常に哀愁漂う作品を撮る感受性が豊かな写真家です。
作品はPurple magazine、Esquire、Atmosphere、Gas Pressing、VICE等に掲載されている。

Hitspaper:あなたについて教えて下さい。
Marlene:私はヴァージニアで育って(キューバの難民とコロンビアの移民の娘です)、17歳の時にFITに通う為NYに引っ越して来ました。
子供の時からずっとニューヨークに来ることを夢見ていましたね。
19歳の時にはスペインに引っ越しをしてred light district地区のold cobble stone通りという場所で若いアーティストと暮らしていました。
その当時は全くお金がなくて読書をしたり、モノ造りをしたり、夕方には無料の芸術公演に行ったりしてましたね、、、
そういったアートにインスパイアされて非常に流動的な生活を送っていて、、、だからこそ写真を撮り始めたのでしょう。
今でも覚えているのがFace magazineに掲載されていたKate MossのCorrine Day'sの写真です。今まで見たこともない衝撃的なものでしたね。
またWilliam Klein'sのストリートフォトグラフィも進むべき道を開いてくれました。
その後、ニューヨークに戻って来てフォトグラファーのアシスタントをしながら様々なことを学びました。
そんな経験の中で私のお気に入りの人はMark Borthwickですね、、、とても親切で素晴らしいセンスのアーティストですよ。

Hitspaper:Could you tell us your history?
Marlene:I grew up in Virginia (the daughter of a Cuban refugee and Colombian immigrant) and moved to New York City when I was seventeen to attend school at FIT.
Ever since I was a child I had a fantasy about coming to New York City.
When I was nineteen I moved to Spain and lived with young artists on an old cobble stone street in the red light district.
No one had jobs or money so we'd spend the days reading and making things and in the evenings go to free art performances.
It was a fluid life that inspired art making and so I began taking photos.
I remember Corrine Day's images of Kate Moss in The Face magazine at that time.
I'd never seen anything like that.
Those and William Klein's street photography opened up something for me.
Upon return to New York I assisted every photographer that would hire me and I learned the craft in that way.
My favorite person to work with was Mark Borthwick who is a kind and sensitive artist.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Marlene:私の作品を見てその現場にあたかもいるかのような感覚持って欲しいと思います。
また私自身を撮影する場合は恋人に撮影してもらっています。なぜならそこには独特の雰囲気や優しさ、信頼が確かに存在していますから、、、その見えない空気感を創造したいんです。
私自身の挑戦としては触れられそうな愛情を伝達することですね、伝えたいムードもはっきりしていますし。また私はすべての女性モデルを尊敬し誠実さを伝えています。
しかしこういった分析はさておき殆どの場合、私は直感で動いています。
だから何故それが重要か必ずしもわかりませんがただそれを信じるのみですね。
直感で動いている理由のもう一つとして何度も頭に浮かんではという行為が反芻して、それを追求したり話したりすることが終わらないということもあります。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Marlene:I want to make pictures that you can look at and actually feel the moment...where you feel the presence of the place and the people.
I have photos of myself taken by a lover that open up something for me, evoking a mood of tenderness and trust.
I want to create that with others.
The challenge to me is to convey a palpable sense of intimacy.
I know the mood of what I want to convey and the models, who are all women that I respect, expand that and give it a truthfulness.
For the most part I live and work in an intuitive way.
I don't always know why something is important to me, I just trust that it is.
And because of this it will keep resurfacing.
Because I'm not finished exploring it or talking about it.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:フォトグラファーにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Marlene:好奇心と執念を持つことによって非常に面白いことが起きると思います。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for photographer?
Marlene:An artist's curiosities and obsessions are what make them interesting.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:仕事で満足行く瞬間を教えて下さい。
Marlene:私個人が持つ優しさや驚きの表現を大勢のオーディエンスに伝えることが出来た時ですね。
また誰かからインスパイアを受ける時も同様です。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Marlene:When I've communicated something personal to a large audience with a spirit of tenderness and wonder.
When I've inspired someone.





Hitspaper:あなたの周りの環境を教えて下さい。
Marlene:平和です。

Hitspaper:Please talk about the environment around you?
Marlene:Peaceful.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Marlene:フィルムとミュージック。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Marlene:Film and music.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Marlene:自身で行っているヌードプロジェックトを続けて作品集として出版することですね。
本当に自分の楽しみの為に活動していますから上手くいくことを望んでいます。また、そのブックには純真さ、技能、ノスタルジアが内包されていると言えるでしょう。

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Marlene:I see myself continuing the nudes project and publishing books of this work because it gives me joy, and hopefully it will for others too.
You could say that I have a nostalgia for nostalgia, for naivety and for craftsmanship.

copyright © Marlene Mario
copyright © Marlene Mario


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージを戴けますか。
Marlene:若いアーティストに向けて、、、"あなたがどんな環境に居ても自分が信じる仕事をやり続けて下さい"

Hitspaper:In conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Marlene:For young artists I would say to just keep making the work that is deeply important to you regardless of what others are making around you.


copyright © Marlene Mario




>>back


| circuit | 18:37 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:37 | - | - |
Comment








Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS