Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Motion Picture:Hitspaper Design Conference "High5"
私達[Hitspaer]が2007年12月1日にAXIS GALLERYにて開催したデザインカンファレンス[HIGH5]の動画をダイジェスト版ですが配信いたします。


1st Presenter : WOW



2nd Presenter : Namiko Kitaura



3rd Presenter : Neasden Control Centre



5th Presenter : Non-Format





>>back
| circuit | 10:07 | comments(0) | - |
REPORT:HIGH5 CONFERENCE


2007年12月1日にAXIS GALLERYにて私達[Hitspaper]が主催するデザインカンファレンス[HIGH5]を開催しました。
Neasedeスピーカーとして参加して戴いた方々、スタッフの皆さん、メディアスポンサーの方々、会場を貸して戴いたAXIS GALLERYさん、そしてご来場戴いたお客さま、本当にありがとうございました。

今回のカンファレンスは敢えてあらゆるジャンルからスピーカーを招聘したのですが、
本質にあるクリエイティブへの志しはすべて同じであった様に思います。
また、クリエイティブ業界は過渡期にあると感じると共にサイクルを形成することの意義を改めて感じました。
私達[Hitspaper]は新たなサイクルを創造するべく次のフェーズに進みます。クリエイティブを尊重し表層的なクリエイティブからの脱却を目指すことをここに誓います。
どうぞ今後共宜しくお願いいたします。





1番目のプレゼンターWOWの鹿野さんと於保さんのプレゼン。
会社でありながら非常に個人のパーソナリティが感じられ、組織としての新しい在り方を示唆した内容でした。
WOWさんありがとうございます。





2番目のプレゼンターフォトグラファーNAMIKO KITAURAさんのプレゼン。
美の本質や、人間の在り方。素晴らしい哲学をスピーチして戴きました。







3番目のプレゼンターNeasden Control CentreのSteveのプレゼン。
自由であること。遊び心。制御を失う事。




4番目のプレゼンターProjectorの田中さん、河村さんのプレゼン。
UNIQLOCKやBIG SHADOWなどの事例から企画立案、解像度の上げ方、偶然性。素晴らしいスピーチでした。






5番目のプレゼンターNON-FORMATのJohnとKejllのプレゼン。
フィロソフィーに裏打ちされたアートワーク群。プロフェッショナルとは。


Organizer:
Arata Sasaki
Takashi Kawada
Subaru Matsukura

Photographer:
hikaru matsumoto

Special Thanks:
Shun Saito
Junnosuke Fujii
Hiromi Yoshida
Kana Kitahara
Anna Tsutiya
Sho Sasaki

>>back
| circuit | 22:31 | comments(0) | - |
HITSPAPER DESIGN CONFERENCE // HIGH5


HITSPAPERデザインカンファレンス"HIGH5"開催決定!

H.P:high5.jp

HIGH5概要
HIGH5」はデザインポータルサイト「HITSPAPER」が開催するデザインカンファレンスです。構成内容としては国内外から5組のスピーカーを招聘し、過去・現在及び未来のデザイン・アートシーンについてのトークイベントとなります。


HIGH5開催にあたって
21世紀に突入し、アート・デザインシーンは様々な概念が混在する非常に興味深いシーンへと変化を遂げようとしています。
また、ウェブを代表するテクノロジーの発達により、多くの恩恵を受けて制作環境は飛躍的に改善されました。
しかし、"何の為に何故クリエイティブなモノを制作しているのか?"という問いに未だ明確な回答は出されていないと思います。否、答えは十人十色、千差万別でしょう。その一つの答えに私達は果敢にもチャレンジしてしてみたいと思っています。このカンファレンスを通じて多くの答えが提示・示唆される中、あなたが共鳴できる光があれば幸いです。


日時、場所
日時:2007年12月1日(土曜日) 13:00 - START
開催場所:AXIS GALLEY


構成
トークイベント


ゲストスピーカー

WOW
東京と仙台に拠点を置く、映像デザインスタジオ。主にプロモーション映像、映像インスタレーションを制作するプロダクション。CM、PV、VIなどの映像デザイン、ディレクションに加え、クライアントワークでは表現しきれないオリジナリティーやクリエイティビティーをオリジナルショートムービーやインタラクティブ映像のインスタレーションといったオリジナルワークとして発信。既存のメディアにとらわれない映像の可能性を追求している。2007年7月には創立10周年を迎えそれぞれ異なる分野のクリエーターと共にアートブックをリリース。9月にはTENT LONDONにてWOW 10のエキシビジョンを開催。




NAMIKO KITAURA
1977年東京生まれ。1996年に絵画を学ぶために渡英し、その後渡伊。1997年写真に転向して、作品制作をスタートし、6年に渡り写真家として活動を続ける傍ら、ミラノにて視覚芸術・デザイン・美術史を、ロンドンにてモダンアートを学ぶ。2003年から2005年までベネトンが出資するアーティストレジデンス『FABRICA』にて日本人初の写真家としてスポンサーを受け経験を積み、広告やファッションなど活動の場を広げる。2006年SIGNO所属。2007年Agence Florence Moll et Associée Paris所属。



Neasden Control Centre
2000年、ロンドン郊外に設立されたデザインスタジオ。スティーブ・スミスを中心に多くのプロジェクトを通じて様々なコレボレーターと共に活動している。2002年には初の作品集をDie Gestalten Verlagよりリリース。本年度には同じくDie Gestalten Verlagより自身3作品目となる作品集"LOST CONTROL"を発表。今日では、主にプリントやスクリーンプロジェクト駆使し様々なエキシビジョンやインスタレーションに参加している。




Projector
田中耕一郎と河村大馬の2人のディレクター からなるクリエイティブブティック。
デジタルな経験とフィジカルな経験をつないだ新しいコミュニケーションの形を生み出すことを目論む。Canneゴールド、Oneshowゴールド、Tiaaグランプリ、ゴールドなど受賞作多数。代表作に、渋谷の街を舞台にした巨大な影のインスタレーションBIGSHADOW 、ダンス映像と時計を融合したUNIQLOCK、世界のユニクロスタッフをJUMPでつないだUNIQLO JUMP等がある。




NON-FORMAT
2001年にイギリス出身のジョン・フォースとノルウェー出身のケル・エクホルンによって設立されたクリエイティブスタジオ。現在ではミネアポリスとロンドンの2カ所に拠点を置く。2006年にはTOKYOTDCの一般部門にて受賞。本年度には自身の作品集である「Love Song」をDie Gestalten Verlagから発表している。





チケット情報

通し券(アフターパーティー券無) 4,500円(税込)
通し券(アフターパーティー券有) 5,500円(税込)

※当日のチケット販売は行いません。(アフターパーティー券は除く)
※当日にアフターパーティ券をご購入される場合1500円かかります。
※アフターパーティー券は、フード料金が含まれます。
※チケット販売は約100枚を予定しています。
※枚数には限りが御座いますのでお早めにご購入下さい。
※日本国内のみの販売となります。




>>>詳細はこちらから




>>back
| circuit | 16:42 | comments(0) | - |
THUNDERDOG Collective

THUNDERDOG Collective
H.P:www.thunderdogstudios.com
ブルックリンを拠点に活動するイラストレーター:トリスタン・イートン。
村上隆やRun D.M.Cとのコラボレーションフィギアは各界の著名人がコレクターとして根強い人気を誇る。
そんな同士がクリエイティブディレクター兼キュレーターとなり今春からストックフォトライブラリー「Corbis」にて「THUNDERDOG Collective」というイラストのライセンスを開始した。3ヶ月毎に新作を500枚制作しその一部をライセンスすることが可能。







>>back
| circuit | 12:06 | comments(0) | - |
EVENT:TDC DAY 2007

URL:www.tdctokyo.org

TDC受賞者が発表されて1ヶ月くらい経過しましたがいよいよ2007年4月3日(火)〜25日(水)までの期間ギンザ・グラフィック・ギャラリーにてTDC 2007年度受賞者の作品が展示されます。
また、2007年4月8日(日)午後12時半〜7時には国際デザインフォーラム「TDC DAY 2007」が女子美術大学 杉並キャンパスにて開催予定。
今年の受賞者である服部一成、葛西薫、北川一成、Alexander Gelmanの対談やM/M(Paris)、河野英一、TSANG Kin-wah、Karl D.D. Willisのレクチャーが予定されています。

2007年の主な受賞者と作品
服部一成「TAKEO DESK DIARY 2006 vol.48」、Alexander Gelman「"Clear Magazine (section)/ Gelman Thinks, Book"」、M/M (Paris)Two Star Books/ 2k "MALAGA"
Tsang Kin-wah (曾建華 ツァン・キンワ) 「Nil "Untitled- Hong Kong"」、
河野英一+シーアンドジイ(坂本達、鈴木竹治、植田由紀子)+Matthew Carter (マシュー・カーター)「マイクロソフト "Meiryo font メイリオ"」、Karl D. D. Willis「"Light Tracer"」

On December 17, 1987, formed the Tokyo Type Directors Club (Tokyo TDC) to realize our vision, which was to firmly establish the field of "typedirection." This discipline would involve extensive and deep searches into the visual expressions of letters, going far beyond conventional character designing. - Tokyo TDC Annual Award 2007 Entry Deadline
Interactive design: Tuesday, 10 October, 2006
All others: Friday, 20 October, 2006







>>back
| circuit | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS