Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
EVENT REPORT:「water」展


EVENT REPORT:「water」展
H.P : www.2121designsight.jp
Text by arata sasaki


東京ミッドタウン・ガーデン内に緑と水に囲まれ、清閑な佇まいで存在する21_21 DESIGN SIGHT。
英語で優れた視力のことを 20/20 Vision (Sight)というが、21_21 DESIGN SIGHTは更にその先を見通したいという思いが込められていると謂う。

そんな21_21 DESIGN SIGHTで現在、水を題材とした第2回企画展 佐藤卓ディレクション企画展「water」が開催中だ。

一般的にソーシャルプロジェクトという括りにおいてデザインの関わり方は非常に難しい。
地球上でさまざまな問題、紛争、自然破壊、人種問題、等々数えればキリがないが、、、
今、そういった問題にデザインでどういった方向性を示すことが可能かということが問われている。

今回の企画展「water」ではデザインの持つ力でそういった社会問題への喚起やその先の未来について明確な方向性を示唆している。
「water」展の題材は「水」。私達の周りにあたりまえにあると思われている「水」をまずは知って欲しい、接点をもって欲しいというコンセプトの基、多角的に「水」を分析している。
そういった新しい視点の実験的な作品の中、筆者が特に印象に残ったものをいくつかを紹介したい。



「ことばな」 協力:株式会社イノウエインダストリィズ、松徳硝子株式会社

主役は一輪の花ではなくあくまで「水」。
水の言葉がじわっと染み渡ってくる作品。
© water project
© water project



「水円」 アラカワケンスケ、三浦望 共同開発:株式会社ソリッドレイ研究所

あたかも水たまりがそこに存在するかの様なインスタレーション作品。
足を踏み入れると波紋が広がるさまはまさに水の浸透力を表現しているかのようで、
子供の頃水遊びした記憶が呼び起こされる。
本当に愉しいものは大人でも子供でも楽しめるものだ。
© water project




「SKY WATER HARVESTERS」(天の水を集める人々) 村瀬誠(ドクトル雨水)


雨を避けるための傘は逆さにすれば雨を集める道具ともなる。
世界の人々が傘で繋がる。ちょっとした発想を替えるだけで世界は救われるのかもしれない。
© Makoto Murase



「水の器」 佐藤卓

まるで井戸か水の窓のような12器の水の器。
器を覗くことで水だけではなく自身の心とも対座することになる。
© water project

「地球のつむじ」『デジタル台風』プロジェクトより
© water project



「鹿威し」 原 研哉、  大黒大悟、美馬英二

日本庭園にある鹿威しの新たな解釈。
ステージに躍りだす水の美しさから万有創造物に敬意を払うと共に神秘の力に酔いしれる。
© Kenya Hara
© Kenya Hara
© Kenya Hara



「ふるまい」 takram (田川欣哉、畑中元秀、渡邊康太郎)

器の上に垂らされた水。
自由奔放に動く水は何処か可愛らしさがある。
身近にいるからこそ気がつかない。しかしはっきりと水への親愛の情が感じられる。
© water project
© water project
© water project



「落ち葉」より 1985〜1995 石元 泰博

路上に落ちた葉は水によって屍から溶解しまた自然へと循環していく。
咲き誇っていることのみが美しいのではなく、生から死に至るサイクル自体が奇跡で
まさにそこに美が存在するように思う。
© Yasuhiro Ishimoto
© Yasuhiro Ishimoto



「猫の傘」 佐藤 卓

猫の視点からみた傘。
傘という日常にあるプロダクトデザインを改めて見直させられる作品。
© Taku Satoh


ざっと駆け足で作品を紹介したが、本展示ではこれ以外にも30を超える魅力的な作品が
展示されている。
残念ながらテキストと写真では伝えきれない魅力、例えば水音を耳で聞く、
など五感をフル活用し感じられる作品が多いのでぜひ会場で体感して欲しいと思う。


--
会期: 2007年10月5日(金)〜2008年1月14日(月・祝)
時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
休日:火曜日〈10月30日(火)は開館〉、年末年始(12月30日〜1月3日)
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
(15名以上は各料金から200円割引き、いずれも消費税込み)
主催:21_21 DESIGN SIGHT、財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:文化庁、経済産業省、環境省
特別協力:株式会社 佐藤卓デザイン事務所
企画:三宅一生、佐藤 卓、深澤直人(21_21 DESIGN SIGHTディレクター)
企画協力:川上典李子(21_21 DESIGN SIGHTアソシエイトディレクター)

--

---
スペシャルトーク2「『water』展から、未来へ」

このプロジェクトを通じて、水はどのようなデザイン課題として発見されたのでしょうか?
そしてこれから何をするべきなのでしょうか? 未来を見据えながら、本展の総括討論を行います。

日時:1月13日(日)15:00〜17:00
出席者:佐藤 卓、竹村真一、沖 大幹、山中俊治ほか
会場:東京ミッドタウン・ホール Hall B(Midtown East B1F)地図 500円
定員:500名
協力:東京ミッドタウン

※本トークは日本語でのみ行われます。

詳細は下記よりご確認下さい。
http://www.2121designsight.jp/schedule/water/events.html
---




>>back
| circuit | 10:53 | comments(1) | - |
EXHIBITION:"Probarious" by DIESEL


EXHIBITION:"Probarious" by DIESEL
PMKFA exhibition with visual commentary by Assistant
2007.12.8(Sat)-2008.2.3(Sun) at Diesel Denim Gallery Aoyama

Official H.P:www.diesel.co.jp/denimgallery

イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランドDIESELが「Diesel Denim Gallery Aoyama」にてPMKFAassistantによる展覧会を開催する。
会期は2007年12月8日(土)-2008年2月3日(日)。

展覧会は、PMKFAによる立体物とassistantによる視覚的注釈で構成され、これまでに平面グラフィック作品を主に制作してきたPMKFAが、三次元へと大きく踏み込み、立体物の集合で架空の神話性を作り上げながら、二次元と三次元を行き来するという構成。
また、建築をベースに異分野をまたぐ活動を行うクリエイティブ・グループassitantの建築家 松原滋は遠い昔にホメロスの叙事詩が架空の神話や伝説を人々の記憶に残したように、PMKFAの空間的な立体物に視覚的注釈を与え、プロジェクトに更なる次元を加えている。


"Probarious"
アーティスト:PMKFA/assitant
日時:2007.12.8(SAT)-2008.2.3(SUN)
場所:Diesel Denim Gallery Aoyama 2F
住所:東京都港区青山6-3-3
TEL:03-6418-5323
営業時間:1F 11:00-20:00 2F 13:00-20:00
定休日:不定休
主催:DIESEL JAPAN
キュレーター:Yosuke Kurita(GRANDBASE inc.)




>>back

| circuit | 22:59 | comments(0) | - |
EXIBITION : DUAL CITY SESSIONS 2007


H.P:www.nullartless.com
H.P:www.dualcitysessions.com

2007年10月31日(水) - 11月4日(日)の日程にてnull*がエキシビジョンをDesignTideで開催する。
今回は、シンガポールのデザインスタジオ"silnt"との共同開催となり、今月、東京でDesignTide、来月、シンガポールデザインフェスティバルと、2カ国でのエキシビションとなる。

null*のメンバーだけでなく、シンガポールのアーティストの作品も展示。
また、作品展示のデザインも作品と考え、展示デザインを「upsetters architects」がデザイン担当している。

upsetters architects
H.P:www.upsetters.jp

--

exibition info:

dual city sessions 2007
japan (design tide) - singapore (singapore design festival)
www.dualcitysessions.com
null™
by artless
with giulianoFujiwara

day:
DesignTide in Tokyo
10/31 - 11/4 2007

reception party:
10/3 (sat) 2007
20:00-22:00

at
giulianoFujiwara 2F
6-8-18 Minamiaoyama Minato-ku Tokyo Japan


Exhibition Design by
upsetters architects


--




>>back
| circuit | 23:11 | comments(0) | - |
EXHIBITION:HIDEKI INABA“GRAPHIC LINE”

EXHIBITION:HIDEKI INABA“GRAPHIC LINE”
URL:hidekiinaba.com

グラフィックデザイナー稲葉英樹がシュウ ウエムラ ビューティブティック表参道本店にて、コラボレーションコレクション発売を記念して作品展を開催します。日程は2007年6月1日(金)〜10日(日)まで。

会期:2007年6月1日(金)〜10日(日)
時間:10:00 - 20:00 無休/入場無料
(19:30最終入場、最終日のみ最終入場17:30、閉館18:00)
会場:シュウ ウエムラ ビューティブティック 表参道2階
150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-1-3 TEL 03-3486-0048(表参道本店直通)
キュレイター:足立 元(日本近現代美術史研究)


Graphic artist Hideki Inaba’s “Graphic Line” exhibition will be on show at the cosmetic brand Shu Uemura’s Omotesando boutique in Tokyo from June 6 – 10, 2007.

Shu Uemura Beauty Boutique Omotesando, 2nd Floor
5-1-3 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo





>>back
| circuit | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
EXHIBITION:DESIGN IS ATTITUDE

URL:hsdesign
URL:www.dnp.co.jp


以前にもポストしたタイポグラフィ・トゥデイの著者HELMUT SCHMIDがギンザ・グラフィック・ギャラリーにて個展を開催します。今回の目玉である「DESIGN IS ATTITUDE」という書籍は、2003年からタイポグラフィの研究プロジェクト「シュミット・トゥデイ」として活動した成果とデジタルアーカイブになっています。

日程:2007年5月8日(火)−30日(水)
11:00−19:00 (土曜日は18:00まで)

会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
入場無料
〒104-0061東京都中央区銀座7−7−2 DNP銀座ビル
www.dnp.co.jp/gallery
tel. 03.3571.5206

| circuit | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
EXHIBITION:PUBLIC / IMAGE VOL.4

PUBLIC / IMAGE VOL.4
URL: www.public-image.org

「Public/image.org」創刊を記念して「Public/image.vol.4」が5/4(FRI)に代官山UNIT/SALOONで開催されます。気になる方はぜひチェックして見て下さい。

(以下プレスリリース文引用)
「 Public / image vol.4 - [www.Public-image.org] OPENING PARTY!!!!! - 」
2007.5.04(fri) 21:00start ・advance:¥3,500・door:¥4,000(w/f,¥3,500)

[LIVE ACT]
MALIBU (ROGER JOSEPH MANNING JR,)
一十三十一&ASA-CHANG
d.v.d
DE DE MOUSE

[DJs]
MU-STARS ,HOMECUT,Crystal,MONOLITH

[VJ ]
ENLIGHTENMENT

@saloon
[LIVE ACT]
チミドロ,PALM STREET,HARLEY&QUIN
[DJs]
2 MUCH CREW ,TAXI KOBAYASHI(SWSEA),LUVLAW(PPP)
JUNTORONIC(RAWLIFE・TETSUYA SUZUKI (TOP GUN)
[VJ]
SphinkS

[LIVE PAINTING]
渋谷忠臣 x SHOHEI TAKASAKI x 林絵美子




>>back
| circuit | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
EXHIBITION:ME ME ME GALLERY / RANKIN


URL:www.rankin.co.uk

RANKINのSELF PORTRAITS写真の展示がLondon:Me Me Me The Galleryにて行われています。
展示内容は彼のキャリアのターニングポイントとなる作品群でSelf ImagesでとったPIGは彼ならではのユーモアが溢れている。
4月まで開催しているのでLondonに在住の方やこれから旅行行く人等、気になかった方は足を運んでみて下さい。

Me Me Me The Gallery
1st Floor (above Soho Bookshop)
125 Charing Cross Road London, WC2H 0EW
Free Entry

ME ME ME Self portraits and role play have been an area of espression within Rankin's work throughout his career.
Rankin de-constructs the illusion of self-representation in this series of portaits of himself.They poke a humorous and irreverent stick at his own self image,ranging from himself as pointed-eared hairy pig,to his own bride to be,morphing into Kate Moss and Claudia Schiffer,a human glitter ball and even The Spice Girls.









>>back
| circuit | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
EXHIBITION:GREGORY COLBERT / ANIMAL TOTEMS

URL:roppongihills.com
URL:www.ashesandsnow.org

お台場でオープンするノマディック美術館での公開に先立ち、森アーツセンターギャラリーにてGREGORY COLBERTのアートエキシビジョンが開催されています。
テーマはANIMAL TOTEMSで人間と動物との驚異的な交流の姿を捉えた作品群と短編映像『俳句』を2本上映しています。
人間と動物、両者の境界線を全く感じさせない美しい群像は心にすっと染み込んでいく雫のようです。
2007年4月1日(日)まで開催していますので気になった方はぜひ足を運んでみて下さい。

会 期:2007年1月25日(木)〜 4月1日(日) *会期中無休
開館時間:10:00 〜22:00(最終入館21:30)
会 場:森アーツセンターギャラリー(森タワー52F)
料 金:一般¥1,200、学生(高・大)¥800、4歳〜中学生¥400
展望台とのセット券:一般¥2,200/学生(高・大)¥1,400/4歳〜中学生¥700 
お問い合わせ: 03-5777-8600









>>back
| circuit | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
EXHIBITION:14(FOURTEEN) BY REVELATIONS



EXHIBITION:14(FOURTEEN) BY REVELATIONS
H.P:www.rev-web.jp

原宿キャットストリート沿い(旧BBS TOKYO)にセレクトショップ「Revelations/」を2007.2.22(Thu)よりオープン!
「Revelations/」ではトータルアートディレクション、アーティストキュレー
ションを新時代のデザイン集団”ADAPTER”が担当。

オープニングエキシビション  
タイトル: 「14(FOURTEEN)」
2月23日(金) 19:00〜22:00 FREEDRINK!

アーティスト(Curated by ADAPTER)
黒田潔(http://www.kiyoshikuroda.jp/
水野健一郎(http://web.infoweb.ne.jp/mpm-bin/printem/app/creator.cgi?
lang=jp&id=mizuno

黒川知希(http://www.hellogasshop.com/?pid=1129993
重松淳也(http://www.hanaemori-foundation.or.jp/people/2005_10-11.html

「14(FOURTEEN)」は「Revelations/」の今期のセレクトテーマ’SCHOOL’を、
黒川知希、黒田潔、水野健一郎、重松淳也らによる、4組のカッティングエッジな
アーティストによって解釈した’FOURTEEN(14歳)’な展覧会。
パーティでは参加アーティスト三人によるライブペインティングも予定。

展示イメージ
思春期、DT,ヤンキー、大学ノート(K線)、片思い、落書き、もてない青春。。



>>back
| circuit | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
EXHIBITION:JEPPE HEIN


EXHIBITION:JEPPE HEIN
URL:www.scaithebathhouse.com
URL:www.jeppehein.net

2007年01月19日 〜 2007年03月03日スカイ・ザ・バスハウスにて Jeppe Hein exhibitionが行われています。もうすぐ終了ですので気になった方はぜひ。

1974年デンマーク生まれ。
ベルリンとコペンハーゲンに制作の拠点をおき、ここ数年各国の美術館やギャラリーでの展覧会、国際展に立て続けて数多く参加し、その活躍ぶりがアート界の注目と期待を今最も集めている若手アーティストの一人です。
イェッペ・ハインの作品は、観客を取り込んでユーモアのある身体的、心理的な体験を作り出すのが特徴です。2003年のベニス・ビエンナーレでは噴水を迷路状に構成し、センサーで立ち入る人の動きを感知して水の壁を立ち上げ、観客を中に閉じこめてしまうという大がかりな作品を発表し、展覧会中最も大きな注目を集めました。また、何もない空間で観客に装着させたセンサーを感知して特定の方向に進もうとするのを不快な振動で阻み、目には見えない迷路を浮き上がらせる作品や、噴水の水しぶきから炎が立ち上がる作品、座ると煙がもくもくと立ちのぼり、座る人を包み込んでしまうベンチの作品など、イェッペ・ハインの作品は知覚や認知の論理を裏切り、くすぐる仕掛けで意表をつく驚きを楽しませてくれます。

Jeppe Hein exhibition 2007.1.19(Fri) - 3.3(Sat)
Place: Scai The Bathhouse Exhibition Period: Friday, 19 January - Saturday, 3 March, 2007
Opening Hours: 12:00-19:00
closed on Mon., Sun., and Holidays

| circuit | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS