Page: 1/8   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
CHRISTOS LIALIOS/ Interview With Christos Lialios
"Letters" © Christos Lialios


CHRISTOS LIALIOS

H.P:www.christoslialios.nl
Interview by arata sasaki


アテネ在住のグラフィックデザイナーChristos Lialios(クリストス・ライリオス)。
異なる封筒を組み合わせた実験的なタイポグラフィや子供の為の塗り絵本を使ったワークショップなど面白いプロジェクトを仕掛ける
オーガナイザーでもある。
新しいプロジェクト毎に自身オリジナルタイポに取り組むという彼にそのアイデンティティやヴィジョンを話してもらった。


Hitspaper:自己紹介をお願いします。
Christos:私は現在38歳でアテネに住んでいます。
グラフィックデザインは14年前に勉強し始めましたね。
私立のエンバイロメンタル・アート学部を卒業してその後、オランダのジャンファンアイク大学の大学院で研究を続けて来ました。
その後、アテネのいくつかの小さいスタジオでグラフィックデザイナーとしてまたオランダで2年間フリーランサーとして働いていました。
現在では自分のスタジオを経営し、アーティストやキュレーターとともに仕事をしています。
なので大体にカルチャアルプロジェクトに携わっていますね。

Hitspaper:Could you tell us about you?
Christos:I am 38 years old and I live in Athens.
I started my studies in graphic design fourteen years ago.
I did my B.A. in a private college in Athens in the department of environmental art and after that I did my postgraduate studies at the Jan van Eyck Akademie in The Netherlands.
In between I was working as a graphic designer in several small studios in Athens and I worked as a freelancer for 2 years in The Netherlands.
Now I am running my own studio and I collaborate with artists and curators.
So I am working primarily on cultural projects.




"Looping" © Christos Lialios


Hitspaper:作品を通じて表現したいことは何ですか?
Christos:正直何を表現したいか解らないのですが無意識に好奇心をくすぐるものを作り続けるでしょう。
好奇心をそそるものは同時にすべてのことを満たすかもしれません。
私は質問を答えることまたそれを前進させることで自らの情報を発信しようと試みています。
この過程は熟考から生まれた言葉と美学的思想によって補われています。

Hitspaper:What are you trying to express through your work?
Christos:I do not really try and express anything but automatically I will try to be intriguing.
Being intriguing might satisfy all constraints simultaneously.
I am trying to inform the thing I promote and give answers to the questions.
This process is covered by words of reflection and aesthetic concern.


© Christos Lialios


Hitspaper:オリジナルタイポグラフィ"we could send letters to each other every day"を制作しましたね。あれは素晴らしい作品です!
あなたはタイポグラフィで何を表現したいのでしょうか?
Christos:はい。あのプロジェクトは非常に素晴らしい成功を収めました。
プロジェクト自体は偶然スタートしたものなんです。ラテンアルファベットについての本の仕事をしていた時でした。
その仕事でRの文字に非常に時間がかかってしまったことを覚えています、、、その時封筒を裏返してみて封筒(手紙)と文字(タイプ)には通じるものがあると発見しました。
それがアルファベット制作に繋がりましたね。
私はタイプが大好きですそしていつもプロジェクトの為にタイポ制作を試みています。
それはプロジェックトに個性とアイデンティティを与えてくれますから。

Hitspaper:You developed original typography "we could send letters to each other every day".
it's exciting! What are you trying to express through typography?
Christos:Yes, that project turned out very successfully.
It started out by accident... I was working on a book that deals with the Latin alphabet.
I remember spending many hours on the letter R... So I created the form of the letter out of the back side of a mail enveloppe... Then I realised that the letters (the type) and the letters (the mail) had something in common... and the idea came up to make an alphabet.
I love type and I always try to make a new type for the projects I work for.
It gives individuality to the project, an identity of its own...


© Christos Lialios


Hitspaper:"Looping"という作品について教えて下さい。
Christos:"Looping"という作品は6年前にジャンファンアイク大学の研究で始めたものです。
それは私自身が子供の落書きと着色の観察をしようと思ったからに他ありません。
この本は着色するすべてのツールを持ち去ることから始動しましたね。
プロジェクトには指示や色の指定、提案が一つもなく、そして最終的には色着けするという言葉も省きました。
ブックには様々なスペースがあります。そしてユーザー(ここで言う子供ですが)にとってとても重要なことはそれらの空間なのです。
それらのページは関連しあって最終的に統一感が生まれて来ます。
したがってこの本の重要な機能は子供のパフォーマンスがそれぞれに作品で繋がっていること。そして、また各々で特徴的な作品としても成り立っていることが挙げられます。
これが探求して得た形ですね。
そういった風景で面白いことに気がつきました、、、中には色塗りをすることに興味がなくひたすら落書きする子供もいました。
それはまるでページ毎に自分自身のオリジナル言語を使用しているかのようでしたね。
彼らは落書きはするのですが決して色塗りには加わりません。
マーストリヒトにあるモンテッソーリ学校で5、6、7歳くらいの子供30人集めてワークショップを行いましたが
彼らは毎日1時間楽しみながらこのブック制作をしてくれました。
何の指示も何も与えず、、、その結果素晴らしい作品が出来たと思っています。
あなたが何かを建設(物事を創造する時)それをより素晴らしいものにするには他の誰かの力が必要だということを知って欲しいです。
このクラスに本を持っていくことでそれらはより素晴しく、美しい本に変わりました。

Hitspaper:Please talk about your project "Looping"?
Christos:Looping started as a research project six years ago at the Jan van Eyck Akademie.
It has to do with my own observation of children's drawings and of colouring books.
I started this book by taking away all the basic tools that manufacturers use to make a colouring book.
There were no instructions, no colours to suggest and finally I decided to skip the word "colouring".
In this book there are different spaces with different areas and all that matters to the user (the child) is that these spaces, these pages are connected.
They become unified.
So the important function of this book is that the child is performing the action of connecting things to each other and distinguishing things from each other.
This is a form of exploration.
The children who colour in are not so interested in representing the "landscapes" but are rather engaged in making it, as if they were finishing the book using their own language by mapping a new space with each turn of the page.
They do not participate in the action of colouring in but in the action of drawing.
I did a workshop with a "looping" book at the Montessori School in Maastricht with a class of thirty children of five, six and seven years old.
They spent an hour every day playing-working with the books.
No instructions were given... Each result was a piece of beauty... It is very important to know that when you build something there will be someone else to take this higher.
This class took my book and they transformed it into a better, individual, beautiful book.


© Christos Lialios


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Christos:難しい質問ですね。
クリエーターは多くのアイデアとどのようにそれを実際使用するかそれぞれの見識が違います。
個人的には教育で得た知識と創造性にリサーチをミックスさせることが重要だと思っています。

Hitspaper:What do you think is the most important element for a creator?
Christos:This is a very difficult question to answer.
The creator has different elements to use from and many more ideas of how to apply them.
I would think that education instilling knowledge and creativity combined with research are most important to me.


© Christos Lialios
© Christos Lialios


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
Christos:私のスタジオは自分の家ですね。
そこに行くにはリビングルーム、キッチン、ベッドルームを通り過ぎてる必要があります。
あまり大きくはないですが。アテネの中心地にあるので地下鉄にアクセスしやすく自由に動けます。
本当は大きなスタジオを持つのが夢なんですがそれには私自身の仕事を真剣に見直す必要があるでしょう。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Christos:My studio is based in my house.
To get in you have to cross the whole house: living room, kitchen, bedroom... and finally you are in my studio.
Not too big. Based in the center of Athens.
Close to a metro so I can easily move around.
I wish I could have a big studio but then I have to change my politic about my work.


© Christos Lialios


Hitspaper:今後のヴィジョンを教えて下さい。
Christos:将来のことは毎日変わっていますね。
それはいつも私を新鮮で生き生きさせてくれるものです。
今まで壮大なヴィジョンがあったかはわかりません。
私は一つの夢を持ち続けるよりヴィジョンを創造する過程によってそれに順応しています。
今日、私はヴィジョンに似たアイデアが浮かびました。それはアテネでコンテポラリーグラフィックデザインのエキシビジョン
をオーガナイズすることです!

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Christos:Every day I have a different vision.
It keeps me fresh and alive.
I do not know if I ever had a grand vision.
I am more attuned to the process of creating a vision than actually having one.
Today I had an idea which looks like a vision to me, to organise an exhibition of contemporary graphic design in Athens!



Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Christos:幸運を祈っています!

Hitspaper:In conclusion, can I have the message from you to Japanese people?
Christos:Good luck!




>>back

| circuit | 18:08 | comments(0) | - |
SEDE / Interview With Juan
copyright © SEDE

SEDE
HP:www.sedede.com.ar
Interview by Subaru Matsukura and Junnosuke Fujii

アルゼンチン、ブエノスアイレス発のインデペンデントマガジン「SEDE」。
ナチュラルで詩的な写真と独特なトピック選びが魅力だ。
アルゼンチンベースながらもヨーロッパ、アメリカ、日本などでも販売され、その活動に今、注目が集っている。
現在5号まで発行され、日本ではUtrechitで購入可能です。
http://www.utrecht.jp/
今回はSEDEの創始者であり、編集長のJuanにインタビューしました。


Hitspaper:SEDEの活動にについて教えて下さい。
Juan:Juan:SEDEとは半分テキストで半分イメージ(写真、グラフィク)で構成されるマガジンです。
ある日、magazineとbookの組み合わせたもの、Mookという言葉を聞き、
その言葉を想像すると雑誌というよりも小さな本というイメージが湧きました。
はじめのきっかけというのは何かシンプルなフォーマットとコミュニケーションを作り出したいということでした。

Hitspaper:Could you tell me about SEDE project?
Juan:SEDE is a magazine half text and half images. I heard the other day about the word "mook", the combination of a book and a magazine, and I
think it sometimes looks like a little book rather than a magazine.
The starting point was to make something really simple in format and communica.


copyright © SEDE


Hitspaper:SEDEを始めたきっかけについて教えて下さい。
Juan:私は以前、ジャーナリズムに関わっていたのですが既存の雑誌が好きになれませんでした。
またその仕事が好きではなくなり始めていました。
だから、既存のものに不平/不満を言う代わりに友人と何か始めようということになりました。

Hitspaper:What made you start SEDE?
Juan:I didnt like the exisiting magazines. I was also starting to work innewspapers and the journalism experience wasnt very nice. So instead of complaining I tried to start it with some friends.


copyright © SEDE


Hitspaper:SEDEを始めるにあたって何か困難はありましたか?
Juan:はい、そして今も困難を抱えています。それは良いスポンサーをみつけることですね。
私は、広告のメッセージが雑誌のトーンに合わなかったために多くの広告を断らなければなりませんでした。
それがさらに雑誌づくりを難しくしています。そして現在も次号発行のために広告主を探しています。

Hitspaper:Did you face any difficulty to start SEDE?
Juan:Yes, and I still have. Its difficult to find good sponsors.
I had to reject many ads cause the message they had didnt fit the tone of the
magazine.That makes it even more difficult, which means right now I still have to find some to send the next issue to the printers.


copyright © SEDE


Hitspaper:どういった基準で誌面で紹介するアーティストや人物を決めているんですか?
Juan:話を聞いたり、作品を見た時に何かが学べるかどうかという点ですね。
そういう人達は建設的で独自のものの見方や考え方を持ってますからね。

Hitspaper:In what point do you decide artsit that you feture on?
Juan:Its usually people that you can learn something from when you listento them,or see their work. They have their own personal view of things,
and its usually a constructive view.


copyright © SEDE


Hitspaper:SEDEを通じて読者に伝えたいことは何ですか?
Juan:ただ、いくつかの文章やイメージを共有したいだけです。
また、読者には独特な何かを期待してもらいたいですね。
その独特の何かというのは特集される人々から生まれるものです。

Hitspaper:What do you want to tell people through the magazine?
Juan:Its just about sharing some texts and images. I wouldn't like the reader to expect something specific, I hope it keeps something open.
And they are usually not my texts and images usually, they are from contributors.


copyright © SEDE


Hitspaper:「インターネットによって紙メディアは消滅する」ということをしばしば耳にしますが、そのことについてはどうお考えですか?
SEDEと同じようなことはインターネットでもより安く簡単にできるのではないかと思います。なぜそこまで紙にこだわるのですか?
Juan:私は手触りのあるものが好きなんです。それは儀式とか習慣というものかもしれませんね。
私たちは、一日中スクリーンを見ている気がします。テレビとかコンピューターとか映画とか。
だからイライラせずに座ってゆっくり、文章を読むということが好きなんです。
インターネットはいいとは思います。しかしよりテレビ的というか情報の流れが早いですよね。
それに対して紙は情報の流れがよりゆっくりしている。そこが理由です。

Hitspaper:I hear a lot about the death of print because of the Internet.
What do you think about it? Why do you stick on paper media?
Juan:Well I like the tactile experience, it can be more like a ritual. I
feel we watch screens all day long (tv, computer, cinema, signs on the streets) so to be able to sit confortably and read a text without anxiety is what I prefer.
The internet is ok, but it feels more like tv, its all very fast. And with paper its slower.


copyright © SEDE


Hitspaper:元々、雑誌づくりに際してあなたはどんなモチベーションを持っているんですか?
何かを表現したい? 読者とコミュニケートしたい?何かを見せたいとか?
Juan:雑誌をつくるということは、ミュージシャンが作曲したり、映画監督が作品を構想するときのようなものだと考えています。その特別な過程は様々な感覚をもたらしてくれます。
メインストリームの雑誌は詩的なものを求めてはいません。
彼らはただ、人々に何かを売りつけたいかおしゃれなものかっこいいものを教えたいかです。
私は、そんなものよりも正直でいようとする、はかなさの方が好きなのです。

Hitspaper:Originally, what kind of motivation do you have to make magazine?
Do you wanna describe something? communicate with reader? show something?
Juan:I think doing a magazine could be like when a good musician composes a song,or a good film director thinks his film. A process that could be special, where you get into many different feelings.
Mainstream magazines arent looking for poetry, they just want to sell you something or be hip and cool. I prefer the vulnerabilty of trying to do something honest


copyright © SEDE


Hitspaper:あなたのライフスタイルについて教えて下さい?
Juan:私はブエノスアイレスにある巨大な庭園と一体化した古いアパートに住んでいます。
私はフリーランスのジャーナリストをしています。それから絵を描いたり写真を撮ったりもします。
あと最近、本と映像作品を集めた図書館兼ベーカリーを友人数人と開き、とてもワクワクしています。
私の考えは野心的になり過ぎず、質素な生活をしたいと考えています。
だから、多くのお金を稼ぐために働きすぎるようなことはしたくないと思っています。
そしてそのような生活をこれからも続けていければと思っています。

Hitspaper:Could you tell me about your life style?
Juan:I live in Buenos Aires, in a nice old building filled with a big garden integrated to the construction. I do free-lancejournalism,I also draw and take pictures. I also opened with some friends in 10 days a library/videoclub/bakery,
we are veryexcited about it. My idea is to lead a very austere life and not get
too ambitious, I'm not interested in working too much to make a lot of money. I hope I can keep that in the future...


copyright © SEDE


Hitspaper:最近は何に注目していますか?
Juan:今のところトロピカリスモ(様々な文化を取り入れ、多民族国家ブラジルらしい文化の想像を提唱した芸術思想)と建築とに興味があります。
またコミュニティや経験、自然環境などから生まれたユートピア的なものに惹かれます。
例えば、私の住んでいるアパートはアルゼンチンのコルビジェの生徒が設計したもので、
自然的な庭があり、木が建物の中にまでのびていたり、共同の図書館が作られていたりと、住民たちを身近にし、コミュニティを生み出すような設計でした。
しかし、いまはそれらは全て個人の所有物になってしまっています。
どうやら、現代社会や都市では人々は引き離されつつあるようです。だから人々はコミュニティ感覚を失ってしまった。
さっき話に挙がったライブラリーを開いた目的もコミュニティ感覚、経験やお金以外のことを共有するためなんです。

Hitspaper:What topic are you interested in ?
Juan:Right now Im interested in tropicalismo and architecture,I´m interested in the utopian elements they seem to arise aboutcommunity, experiments and nature.For instance I live in a building done by Argentinian students of Le Corbusier (Ferrari Hardoy and Juan Kurchan) and its integrateded with the garden in a bit of a wild way, even a tree goes inside the construction. The building had a communal library and the first floor and many other things to make the neighbours closer, but now that is all private.

It seems in modern societies and big cities people are getting more alientated, so they lose this community sense.

Our aim to open the library is to keep that feeling going, the sharing experiences and not all about money.


copyright © SEDE


Hitspaper:あなたがトロピカリズムやユートピア、コミュニティ思想について興味があることが気になりました。
もしかしてSEDEを作るということはユートピアを作ることと似てませんか?
あなたの好きなトピックを集めたものってある種ユートピアみたいなものですよね?
Juan:たぶん、私が雑誌を始めたのは同じ様な理由からだと思います。
アイデアやイメージ、多くの人々がコラボレートする場所、出版されなかった何かなどを留めておくためです。
私は選ばれた特定のスタッフを抱えたくはありませんでした。
なぜなら、そのほうが多くの人がいつも参加でき、より開かれたものになると思ったからなんです。

Hitspaper:It is impressive that you mention about Tropical ism, utopia and community.Do you think making independent magazine is like making utopia?
you can put any topic you want, It's like your utopia I think..
Juan:I think I started the magazine for that reason too. To keep safe certain ideas and images, and where many people could colaborate, some that never published anything.
I didnt want to have a staff in the magazine, so it could be many people contributing all the time,that it feels more like an open space and not an elitist one.


copyright © SEDE


Hitspaper:貴重なお話ありがとうございました。
Juan:Thank you for talking to me your really good story.


copyright © SEDE




>>back
| circuit | 03:29 | comments(0) | - |
WILLIAM LAMSON / Interview with William Lamson
copyright © William Lamson

WILLIAM LAMSON
H.P:www.williamlamson.com
Interview by arata sasaki


ブルックリン在住の異色なアーティストWILLIAM LAMSON(ウィリアム・ラムソン)。彼が思い描く男らしさ、勇敢さ、があふれるユートピアを笑い(彼自身は全く笑いをとろうと思っていないが)、馬鹿馬鹿しさ(彼が言うところの素人感)
というフィルターを通じて表現する非常に興味深い人物だ。元々写真を勉強していただけあって撮られ方(彼自身がパフォーマンスを行う)が巧い。現代版ドンキホーテ。


Hitspaper:あなたについて教えて下さい。
Wlil:私は高校2年生の夏から写真を撮り始めて大学在学中に本格的に勉強をはじめてたのですが、大学院が通っていた頃、写真は私にあった仕事ではないと気付き
今の仕事になったわけです。

Hitspaper:Could you tell us about your history?
Wlil:I began taking pictures the summer after my sophomore year in high school, and I continued studying photography throughout college, however it was not until after graduate school that I felt I was making work which was my own.


copyright © William Lamson


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Wlil:私の作品は、男らしさ、アマチュアリズム、科学、遊びと実現不可能な問題に自身の勇敢さをもって戦うことが根底にあります。
私は活動的で愛によってそれらを達成する素人(未熟者)に興味があるのです。技術的、専門性が高い技術が欠如しているのでだいぶ作品を制限さぜることも多いですが。
だから私は人間の闘争とどのようにしてそれらを通じて作品を表現するか人間の本質を研究することが業績になるでしょう。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Wlil:My work addresses issues of masculinity, amateurism, science, play and the quixotic quest for personal heroism that accompanies these subjects.
I am interested in the character of the amateur, the person who is motivated by love for the activity and a desire to achieve, but is limited by a lack of physical and technical expertise.
Through the exploration of this character my work deals with human struggle and how we create meaning through it.


copyright © William Lamson


Hitspaper:アーティストにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Wlil:私が思うに遊び感覚を持つことですね。何故ならそうすることによって新しい方法論を発見できるからです。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for Artist?
Wlil:For me, maintaining a sense of play is the most important element to being an artist, because it is out of these irreverent gestures that we can discover a new way to make work.


copyright © William Lamson


Hitspaper:自身の仕事を通じて満足いく瞬間を教えて下さい。
Wlil:予想外の驚くべきサプライズが起こった時ですね。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Wlil:I am satisfied with a work when I am surprised by it, when it does something that I did not totally expect.


copyright © William Lamson


Hitspaper:あなたの周りの環境を教えて下さい。
Wlil:私は現在ブルックリンに住んでいます。ここは非常に素晴らしいが物価など高いですね、、、ここに長く住めば住むほど贅沢をしているのが
良くわかります。ちょうど1週間ほどベルリンに戻っていたのですがそちらの方がはるかに安いですから。しかし、何故そうまでしてここに留まっているのか考えさせられましたよ。

Hitspaper:Please talk about the environment around you?
Wlil:I live in Brooklyn, which is great, but expensive and the longer I live in New York, the more I realize what a luxury it is to live here.
I just came back from being in Berlin for a week, and because rents are so much cheaper there, it really made me examine why I am here and what its doing for me.


copyright © William Lamson


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Wlil:今ちょうど興味深いのは彫刻とパフォーマンス、インスタレーションの中間に位置するアーティストですね。
なぜなら私自身の作品もそういった方向性ですから。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Wlil:Right now I am most interested in artists who work between sculpture, performance and installation.
This is because my own work is moving into this direction.


copyright © William Lamson


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Wlil:ちょうど今、動いてるプロジェクトがいくつかあります。しかし多くは資金提供を受けるか研修を受けるかしなければならないでしょう。
今から3年前に再び写真を撮ることを始めましたがまずは周りを良くみる必要があったのです。
しかし現在では写真より他に興味があることを見つけましたね、、、それは彫刻とそれらの事柄で発見するサトルティな方法論で、
それらは計画性と生産性を多いに含んだ本当にすばらしいチャンスなのです。


copyright © William Lamson


Hitspaper:Please tell us about your future vision?
Wlil:There are a number of project that I am working on right now, but a lot of them depend on getting funding or receiving a residency.
I just started a body of work that goes back to the process of picture making I was doing 3 years ago, that largely involves driving around and making pictures of things that I find.

But now, instead of just photographing things the way that I find them, I am building small temporary sculptures or subtlety changing the way that I find these objects.
It’s a really nice break from work that involves lots of planning and production.


copyright © William Lamson


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Wlil:日本人に向けて特に素晴らしいメッセージはないのですがただ一点私は日本に訪れることをとても楽しみにしています!

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Wlil:I don’t have any great messages to give to the Japanese people, except that I would love to visit!





>>back
| circuit | 02:08 | comments(0) | - |
NOAH BUTKUS / Interview with Noah Butkus
copyright © Noah Butkus

NOAH BUTKUS
H.P: www.noahbutkus.com
Interview by arata sasaki

米国在住のイラストレーターNOAH BUTKUS(ノア・ブトカス)。幼少の頃からコミック雑誌に影響を受け独学でイラストレーションを描き始める。
近年ではその独特でダークなイラストレーションが話題を呼びバートンなどに作品を提供している。
コミックに多大なる影響を受け進化する若きイラストレーターが今後どの様な道を歩むのか非常に楽しみだ。


Hitspaper:自己紹介をお願いします。
Noah:私が絵を描き初めたのはまだ本当に幼い時です。
最初は大好きなマンガの絵をトレースして描いていましたね、、、それからかれこれ長い間、絵を描いていますが未だにマンガからおおきなインスピレーションを受けています。
しかし高校時代は絵を描くことをあきらめざる得ない状況でした。その間は私の夢はクローゼットに入っているようなものでしたし、やはりドローイングは自ら題材を選び楽しみながら
描かないと全く退屈ですからね、、、
それから後、私の兄がハードコア/パンクバンドを始めてその時にポスターやTシャツのグラフィッックを描きまたこの道に戻ってきたのです。
その作品が初めてのクライアントで相手の要望に併せてかつ自身の自由を融合させたものになりますね。
間もなくしてバートンスノーボードのサマー用のグラフィックの仕事の依頼が来て多くのスケッチを描きました。
結局その仕事は2年程させてもらってグラフィックデザインの基礎が何たるかを学んだと思います。現在ではもっぱらイラストレーションと時折のデザインの仕事をしていますよ。

Hitspaper:Could you tell us about you?
Noah:i started drawing heavily when i was pretty young.
i would copy drawings from my favorite comic books, i would trace them or blow them up with a projector, and i did this for a really long time and then i just started drawing on my own, but still referencing comic books for inspiration.
i ended up leaving high early and not really doing much, i worked in a kitchen at a summer camp for two years , then i ended up getting a job at screen printing shop and ended up working there for a number of years, it was the closest thing to a dream job i could have had at the time, they allowed me to print my own stuff when ever i wanted which was the only real reason i stayed working there for close to five years.
screen printing is really boring if you're not working on your own stuff.
it was good though because there i started making more graphical work designing and printing posters and shirts for my brothers hardcore/punk-rock band.
so it sort of started me down a road where i was dealing with art and type and creating things for other people than what i had done for years in just drawing purely for my own self enjoyment.
shortly after i left the screen printing place i was put in contact with a design director at jdk in burlington VT he asked me to come to vermont for the summer and create a line for burton snowboards based on drawings from a bunch of my sketchbooks.
i went up there and ended up staying there for a couple years working and that's where i got a more formal understanding of working in graphics.
now my days are mostly filled with doing illustration jobs and the occasional design job.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Noah:作品を通じて重いメッセージはありませんね。
ドローイングは私の潜在意識から来るものなので、外部のものより私のメンタルから派生しているものだと思います。
私にとって絵を描いたり落書きをすることは自身の楽しみ、エンターテイメントでしかないのです。
だから絵を描いている時、自身が存在していることを実感できますし、それによってもし他の人間が喜んでくれるなら嬉しいですね。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Noah:i don't go to message heavy in my stuff.
my personal drawings come from my subconscious, so i think my work is more affected by my mental state more than any thing else.
for me drawing and doodling is really something i do for fun and my own entertainment.
when people look at my work hopefully they can get a sense of who i am and are taken to the same place i go when I'm drawing.
if people enjoy looking at a drawing or a painting that i've done, i happy with that.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:経験を通じて発見したことを教えて下さい。
Noah:自身の本能を信じることが重要だと言うことでしょうか。また今後は作品を制作しながら喜びや楽しみをそれらに注入していけたらと思っています。
なぜなら楽しみながら制作をしていないのなら次のステップには到底行けないですからね、、、

Hitspaper:Whats have you discovered or gained through your experiences?
Noah:i've discover that it's important really listen my instincts, and try to find a way to have fun and inject myself into what ever it is i'm working on.
because if you aren't enjoying what you are doing then your less motivated to really push to the next level, and it will show in the work.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Noah:インスピレーションと自発性。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for Creator?
Noah:inspiration and motivation.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:クリエーターとしてのターニングポイントを教えて下さい。
Noah:まだターニングポイントは迎えていないでしょう。
今後ものを制作して人生で大きなインパクトを受けた時初めてその時が訪れると思います。

Hitspaper:Could you tell us about your turning point as a creator?
Noah:i'm still turning each corner as comes to me.
i can really pin point a moment because there's been so many imporant times in my life that had an impact on how i see things and make things.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Noah:一杯ありすぎますね、、、ただ今はマンガでしょうかね。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Noah:so many things interest me but mostly i love comic books.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:将来の予定を教えて下さい。
Noah:今秋にはいくつかのアートショーを予定しています。それから日本のロケットギャラリーでも展示をする予定です。
だから今多くの作品を楽しみながら描いていますね。

Hitspaper:Could you tell us any plans of Your Future?
Noah:i have some art shows coming up in early fall, and i'll be selling some art work through rocket gallery in japan soon too.
so I'm in the midst of doing a lot drawing at the moment which is really fun for me.


copyright © Noah Butkus


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いできますか?
Noah:こんにちは。そしてスーパーマリオ、まことちゃん、ドラエもんをありがとう。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Noah:hello and thanks for super mario, makoto chan, and doraemon.


copyright © Noah Butkus




>>back
| circuit | 17:23 | comments(0) | - |
MARLENE MARINO / Interview With Marlene Marino
copyright © Marlene Mario

MARLENE MARINO
H.P:www.marlenemarino.net
Interview by arata sasaki

キューバ難民とコロンビア移民の子として生を授かり、現在ではNYで活動するフォトグラファーMarlene Mario。非常に哀愁漂う作品を撮る感受性が豊かな写真家です。
作品はPurple magazine、Esquire、Atmosphere、Gas Pressing、VICE等に掲載されている。

Hitspaper:あなたについて教えて下さい。
Marlene:私はヴァージニアで育って(キューバの難民とコロンビアの移民の娘です)、17歳の時にFITに通う為NYに引っ越して来ました。
子供の時からずっとニューヨークに来ることを夢見ていましたね。
19歳の時にはスペインに引っ越しをしてred light district地区のold cobble stone通りという場所で若いアーティストと暮らしていました。
その当時は全くお金がなくて読書をしたり、モノ造りをしたり、夕方には無料の芸術公演に行ったりしてましたね、、、
そういったアートにインスパイアされて非常に流動的な生活を送っていて、、、だからこそ写真を撮り始めたのでしょう。
今でも覚えているのがFace magazineに掲載されていたKate MossのCorrine Day'sの写真です。今まで見たこともない衝撃的なものでしたね。
またWilliam Klein'sのストリートフォトグラフィも進むべき道を開いてくれました。
その後、ニューヨークに戻って来てフォトグラファーのアシスタントをしながら様々なことを学びました。
そんな経験の中で私のお気に入りの人はMark Borthwickですね、、、とても親切で素晴らしいセンスのアーティストですよ。

Hitspaper:Could you tell us your history?
Marlene:I grew up in Virginia (the daughter of a Cuban refugee and Colombian immigrant) and moved to New York City when I was seventeen to attend school at FIT.
Ever since I was a child I had a fantasy about coming to New York City.
When I was nineteen I moved to Spain and lived with young artists on an old cobble stone street in the red light district.
No one had jobs or money so we'd spend the days reading and making things and in the evenings go to free art performances.
It was a fluid life that inspired art making and so I began taking photos.
I remember Corrine Day's images of Kate Moss in The Face magazine at that time.
I'd never seen anything like that.
Those and William Klein's street photography opened up something for me.
Upon return to New York I assisted every photographer that would hire me and I learned the craft in that way.
My favorite person to work with was Mark Borthwick who is a kind and sensitive artist.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Marlene:私の作品を見てその現場にあたかもいるかのような感覚持って欲しいと思います。
また私自身を撮影する場合は恋人に撮影してもらっています。なぜならそこには独特の雰囲気や優しさ、信頼が確かに存在していますから、、、その見えない空気感を創造したいんです。
私自身の挑戦としては触れられそうな愛情を伝達することですね、伝えたいムードもはっきりしていますし。また私はすべての女性モデルを尊敬し誠実さを伝えています。
しかしこういった分析はさておき殆どの場合、私は直感で動いています。
だから何故それが重要か必ずしもわかりませんがただそれを信じるのみですね。
直感で動いている理由のもう一つとして何度も頭に浮かんではという行為が反芻して、それを追求したり話したりすることが終わらないということもあります。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Marlene:I want to make pictures that you can look at and actually feel the moment...where you feel the presence of the place and the people.
I have photos of myself taken by a lover that open up something for me, evoking a mood of tenderness and trust.
I want to create that with others.
The challenge to me is to convey a palpable sense of intimacy.
I know the mood of what I want to convey and the models, who are all women that I respect, expand that and give it a truthfulness.
For the most part I live and work in an intuitive way.
I don't always know why something is important to me, I just trust that it is.
And because of this it will keep resurfacing.
Because I'm not finished exploring it or talking about it.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:フォトグラファーにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Marlene:好奇心と執念を持つことによって非常に面白いことが起きると思います。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for photographer?
Marlene:An artist's curiosities and obsessions are what make them interesting.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:仕事で満足行く瞬間を教えて下さい。
Marlene:私個人が持つ優しさや驚きの表現を大勢のオーディエンスに伝えることが出来た時ですね。
また誰かからインスパイアを受ける時も同様です。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Marlene:When I've communicated something personal to a large audience with a spirit of tenderness and wonder.
When I've inspired someone.





Hitspaper:あなたの周りの環境を教えて下さい。
Marlene:平和です。

Hitspaper:Please talk about the environment around you?
Marlene:Peaceful.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Marlene:フィルムとミュージック。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Marlene:Film and music.


copyright © Marlene Mario


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Marlene:自身で行っているヌードプロジェックトを続けて作品集として出版することですね。
本当に自分の楽しみの為に活動していますから上手くいくことを望んでいます。また、そのブックには純真さ、技能、ノスタルジアが内包されていると言えるでしょう。

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Marlene:I see myself continuing the nudes project and publishing books of this work because it gives me joy, and hopefully it will for others too.
You could say that I have a nostalgia for nostalgia, for naivety and for craftsmanship.

copyright © Marlene Mario
copyright © Marlene Mario


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージを戴けますか。
Marlene:若いアーティストに向けて、、、"あなたがどんな環境に居ても自分が信じる仕事をやり続けて下さい"

Hitspaper:In conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Marlene:For young artists I would say to just keep making the work that is deeply important to you regardless of what others are making around you.


copyright © Marlene Mario




>>back


| circuit | 18:37 | comments(0) | - |
NEASDEN CONTROL CENTRE / Interview With Steve Smith
copyright © NCC

NEASDEN CONTROL CENTRE
H.P:www.neasdencontrolcentre.com
interview by arata sasaki


2000年ロンドンにてイラストレーター/デザイナーであるSteve Smith(スティーブスミス)が設立したデザインスタジオ「NEASDEN CONTROL CENTRE」。
略称NCC。 非常に多様なエキシビジョンに参加し様々なクリエイターともコラボレーションしている。またアートブックのリリースにも積極的で、本年度にもDie Gestalten Verlagより"LOST CONTROL"というアートブックをリリースしている。年末に来日予定。


Hitspaper:NCCについて教えて下さい。
Steve:NCCはミレニアムである2000年に設立されました。
Neasdenは、北ロンドンの郊外にあり、チャーチルのSecret Bunker等が有名ですね。
今日では私、スティーブスミスが中心となり様々なプロジェクトで多くのコラボレーションを行っています。
実際にはサブカルチャーから影響を受け日曜大工のようなことをやり続けていますねがね、、、
インディペンデント雑誌を作ったり、絵を描いたり、完成がいつかわからないようなウェブサイトを作ったり、、、
2002年の終わりにはDie Gestalten Verlagから初めてのアート本を出版しました、、、制作開始から9ヶ月かかりました。
内容は非常に実験的な作品ばかりで即完売でしたね、、、あのタイトルは今まで私がリリースしたものの中で最も売れたものになります。
そして現在、NCCはプリントやスクリーンプロジェクト、インスタレーション、エキシビジョンでアートワークを制作し続けています。

Hitspaper:Please tell us about your history?
Steve:Neasden is a suburb of North London (see picture below).
Famous for amongst other things Churchill's Secret Bunker

In the millennium of 2000 NCC was founded.
Today it is solely run by Steve Smith with additional collaborators from project to project.
It grew and developed from a DIY attitude influenced from subcultures.
Making zines, drawing all the time, one off projects, a website that had no start or end.
At the end of 2002 Die Gestalten Verlag commissioned NCC to make their first book which turned into a 9 month experiment in print, it sold out quickly and is one of their most sought after titles.
Today NCC is mainly working developing artwork for exhibitions and installations, select print and screen projects.


copyright © NCC


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Steve:無限とも思われる時間を超えて分け隔てられ、時が経過しても色褪せないイメージを作り上げること。

Hitspaper:What are you trying to express through your work?
Steve:Expression through images manipulated over time divided by infinity.


copyright © NCC


Hitspaper:アーティストにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Steve:真理が内包されたビジュアルを表現すること。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for artist?
Steve:Visually speaking the Truth.


copyright © NCC
copyright © NCC


Hitspaper:仕事をして満足いく時を教えて下さい。
Steve:1つの作品が作り終えて次の作品に取り掛かる間の少しの間。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Steve:The short time between when one piece of work is finished and the start of the next.


copyright © NCC


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
Steve:私達は2000年から6回近くスタジオを引っ越ししていますね。
物事を新鮮に保つには場所を変えてしまうのが手っとり早いですし。過去にはニースデンのアラン・ジェイ・リードバックの上階、Shoot Up Hill London、ハックネーのヌードル工場の上階、イズリントンの エアブラッシュスタジオ 、バルセロナなどに事務所がありました。

Hitspaper:Please talk about the environment around you?
Steve:We have moved studio locations 6 times nearly every year since 2000.
This has kept things fresh - always changing locations.
In the past we have worked above Mr Alan J Leeback in Neasden, Shoot Up Hill London, a studio above a noodle factory in Hackney, in an airbrush studio in Islington, a warehouse in Brighton, Barcelona etc etc


copyright © NCC


Hitspaper:クリエイティブシーンにおいて興味があることを教えて下さい。
Steve:すべてのシーンが興味深いですね。千差万別に個人の趣味が追求できる時代ですから、、、
そして現在様々な分野で膨大な数のアーカイブが存在していますのであなたが見ていないもの、聞いたことがないないものを探すのは比較的簡単でしょう。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Steve:All areas can be interesting - it depends on your individual taste to what interest's or excites you.
Delving into an archive and finding something great that you've never seen or heard before.


copyright © NCC
copyright © NCC


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Steve:直感力を発展、進歩させること。
ヴィジュアル制作から派生する様々な偶然を大切にすること。

Hitspaper:Please tell us NCC's future vision?
Steve:To keep progressing and developing in an intuitive sense.
Not to loose control of "visual rants"


copyright © NCC


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Steve:宇宙で会いましょう。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Steve:Uchu de aimashou


copyright © NCC




>>back
| circuit | 09:34 | comments(0) | - |
KLAUS HAAPANIEMI / Interview With Klaus Haapaniemi
copyright © Klaus Haapaniemi

KLAUS HAAPANIEMI
H.P:www.klaush.com
Interview by arata sasaki

フィンランド:ヘルシンキ出身。現在はロンドンで活動するイラストレーターKlaus Haapaniemi。現在37歳。
コミカルなキャラクーターや自然を連想させるイラストレーションが特徴的。
ファッションとの結び付きが強く過去多くのファッションブランドDiesel、Stylelab、ondなどとコラボレーションをしている。
インタビュー直前にも来日している程、大の親日家。


Hitspaper:あなたについて教えて下さい。
Klaus:私は1970年にフィンランド:ヘルシンキで生まれました。
フィンランドのラハティデザイン学会でイラストレーションとグラフィックデザインを勉強していましたね。
卒業直後はグラフィックデザイナーやイラストレーターといった職業は興味がなかったのですが、
ある素晴らしいビジョンをもった人物に会って私もプロフェッショナルとして活動することを決意したのです。

その後、数年間フィンランドの'Marimekko'のような会社に勤務したのですが、ファションインダストリーの勉強がしたくなりイタリアに移って、
4年間ほど非常に多くのファションブランド例えばDiesel、Stylelab、ondなど他小さなブランドのプリントデザイナーとして作品を残しています。
そして現在、ロンドンに移動してここに住んでいます。
場所はイーストロンドンでマンションの一室にスタジオを構えて仕事をしています。

Hitspaper:Could you tell us your history?
Klaus:I was born In Helsinki Finland 1970.
I Studied Illustration and Graphic design in Design Institute of Lahti, Finland.
After i graduated i wasn't so interested of having a career of Graphic designer or Illustrator at all.
But after meeting some likely minded people who shared same kind of vision I started to work professionally.

After few years of working in Finland for companies such as 'Marimekko' I decided to move to Italy since i was keen to learn more of Fashion industry.
There i Was working for quite many brands...I was key print designer for Diesel - Stylelab and ond other smaller labels for 4 years, after that i moved to London where I'm living right now.
I'm based to East London, And i got studio flat here where i'm working from.


copyright © Klaus Haapaniemi


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Klaus:私は物語をビジュアライズ化することに興味があります。そして観る側にストーリーを連想させるイラストレーションを提供することが目的です。
私は非常に自然に恵まれた環境で生まれ育ちました。おそらくそのことが私の作品のイマジネーションに繋がっているのでしょう、、、木や動物がそうですね。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Klaus:I'm interested of visual story telling, and i try to achieve to create some sort of Illusion of a on going story for the viewer.
I was growing up in Finland where you are surrounded by wilderness.
And thats where my imagination comes from - The forests and animals.


copyright © Klaus Haapaniemi


Hitspaper:イラストレーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Klaus:私の意見は偉大なイラストレーターはアーティストの様に仕事をすると思います。
彼らは独自のビジョンでイメージとスタイルを確立しています。
おそらく世界ではvan Bilbin、Audrey Beardsley、Aquirax Uno、Yoshitomo Nara、Tove Janssonなどがそれに当たるでしょう。
事実彼らは元々コマーシャルワークでイラストレーションを描いているわけではありませんからね。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for Illustorator?
Klaus:In my opinion best Illustrators work like artists, they have got own vision and a world where the images and styles are coming from.
I Think the best illustrators in the world such as Ivan Bilbin, Audrey Beardsley, Aquirax Uno and Yoshitomo Nara and Tove Jansson have lots of common.
Which isn't the fact that they also have been working for commercial institutions.


copyright © Klaus Haapaniemi
copyright © Klaus Haapaniemi


Hitspaper:仕事の中で満足いく時を教えて下さい。
Klaus:私は仕事中は常に悩まされていますね、、、そこからは満足感は生まれないです。生まれる時はプロジェクトを終えた時でしょう。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Klaus:My work is tormenting me quite a lot, and brief satisfaction you can get out of it - is when you finish the project.


copyright © Klaus Haapaniemi
copyright © Klaus Haapaniemi


Hitspaper:あなたの周りの環境を教えて下さい。
Klaus:ちょうどロンドンの新しい家に引っ越しをする予定なんですが、まだ準備が出来てません。
そこは非常に古い所でビクトリア朝時代から建築支援されていてそうですね100年以上はありますか、、、
私はそこの1階と上階のスタジオで仕事をします。そうでした、、、そこには私の猫'Putte Alexander'もいますよ(去年日本の雑誌「奘苑」にフィーチャーされました)。
そのスタジオは全面真白で仕事に集中できる落ち着いた良い場所です。

Hitspaper:Please talk about the environment around you?
Klaus:I'm just recently moved to a new house here in London and It's not that ready yet.
The place it self is backing from Late Victorian period, it's old .... more than 100 years old.
I work from my upper floor studio, and on the first-floor - there lives my cat 'Putte Alexander'. ( He has been featured in 'So- En' magazine in Japan last year!)

I have decorated everything white, it helps me concentrate to my work when i don't have any images on the wall or anything distracting.


copyright © Klaus Haapaniemi


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Klaus:私は長い間ファッションに夢中だったのですが今、アニメーションに興味がありますね。
ちょうど今、日系ブラジリアンのディレクターDenis Kamiokaとアニメーションのコラボレーションをしていますし、、、
それとつい最近東京に訪れてジブリ博物館を見学してきました、、、それを見て私は彼らが最も偉大な映画製作者だと思いましたね。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Klaus:I have been quite interested of Fashion for a long time, but now I'm more into animation, I'm collaborating with Japanese-Brasilian Director Denis Kamioka who is going to combine my animated characters with real actors.
Just recently i got the change to visit Ghibli Museum in Tokyo, I think they are the greatest movie makers.


copyright © Klaus Haapaniemi
copyright © Klaus Haapaniemi


Hitspaper:将来のビジョンについて教えて下さい。
Klaus:私は人類が新たな進むべき道として地球から出ていかなければならないと感じています。
小さな惑星に旅行や移住することが可能になれば地球はおそらくもう一度生まれ変わることができるでしょう。
私が推測するにそれが可能になるのは空間と時間を短縮する'worm hole'がキーとなるはずです。
Stephen Hawkingはこういった理論を人類がより研究することが最も重要であると言及しています。

Hitspaper:Please tell us your future vision?
Klaus:I think that humankind should work some kind of way to move out of earth to move on.
The earth is over populated and i don't see no other way than just create space traveling method which could help us to take some load from this tiny planet,
I guess the answer is the 'worm hole' which is a short cut through space and time. Stephen Hawking have mentioned this theory is the uttermost important thing what human race should study more.


copyright © Klaus Haapaniemi


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Klaus:私は日本が好きで非常に興味がある場所なんです。機会があれば何度でも訪れたいですね!

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Klaus:I Like Japan as most interesting place at the moment, I try to visit there as often as possible!


copyright © Klaus Haapaniemi




>>back
| circuit | 16:02 | comments(0) | - |
Vår / Interview With Karl Grandin & Björn Atldax
copyright © Vår

Vår
H.P:www.vaar.se
Interview by arata sasaki


ストックホルムに拠点を構えるクリエイティブスタジオVår。1996年にグラフィックデザイナー、イラストレーターであるKarl GrandinとBjörn Atldaxよって設立された。
Vårという名前は設立当時(4月にもかかわらず)摂氏0度という記録的な寒さであった為。因にVårという言葉はスウェーデン語で"春"と"私達"という二つの意。
近年では多構造的なイラストレーションを主として作品を発表している。またグラフィックのみならずアパレルブランド"Cheap Monday"のアートディレクションも行っていて
グラフィック、イラストレーションユニットから次なるステップへ飛躍を遂げようとしている。


Hitspaper:あなた達の経緯を教えて下さい。
Karl & Björn:VårはKarl GrandinとBjörn Atldaxによって構成されています。拠点はストックホルムで現在国際的に活動をしています。
11年前ストックホルムでスタジオを経営することを決心してから私達のコラボレーションはスタートしましたね。
その当時本当に寒くて長い冬だったのを覚えています。
Vårという名前を決めたのも4月の始めだというのに摂氏0度以下の気温だったからです。またストックホルムに暖かさが戻ってくることも願って、、、
(Vårという言葉はスウェーデン語で春と私達という二つの意味があります。)
私達は一緒にプロモーション用にフライヤーをデザインをしてその時二人でコラボレーションすることの楽しみが判りました。
その後、私達は異なるフィールドそして異なる国で仕事を一緒にまた別々で作品を作り続けてきました。
ちょうど今私達は自身がオーナーの一部でもあるCheap Mondayというファッションブランドのアートディレクションをしていますよ。

Hitspaper:Could you tell us Var's history?
Karl & Björn:Vår is Karl Grandin and Björn Atldax, based in Stockholm and active internationally.
We first started collaborating eleven years ago whe we decided to run a club together in Stockholm.
It was a very cold and long winter.
It was still way below zero degrees Celsius in the beginning of April so we decided to call the club ‘Vår’, hoping to bring the warmth back to Stockholm.
(Vår is a Swedish word with the double meaning Spring and Ours).
We designed the promotional flyers together and found out that we had fun working with each other.
After that we have tried several different fields of work, working and living in different countries, together and separate, studies and other stuff.
Right now we mainly work with the art direction for the fashion brand Cheap Monday, of which we are part owners.


copyright © Vår


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Karl & Björn:世界を私達の視点を介して表現しています。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Karl & Björn:Our view of the world.


copyright © Vår


Hitspaper:アーティストにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Karl & Björn:自身のイマジネーションを信じること。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for artist?
Karl & Björn:To believe in your own imagination.


copyright © Vår


Hitspaper:仕事をして満足いく時を教えて下さい。
Karl & Björn:私達の作品に疑問を持つ時、もしくは私達の作品に夢中なる時、そんな時は解読もしくは作品に隠されたメッセージを見つけて下さい。

Hitspaper:When can you have a satisfaction from your work?
Karl & Björn:When it makes somebody question something.
Or when people lose themselves in our images, trying to decipher them or find the hidden messages.


copyright © Vår
copyright © Vår


Hitspaper:スタジオの環境を教えて下さい。
Karl & Björn:今私達のスタジオはちょっと汚いです。
今年の3月に新しいスタジオに引っ越して来たのですが荷物の包みを解く時間が全くなかったもので。
大量のTシャツやスプレー缶、雑誌など。
スタジオは4つの部屋で構成されていて一つは私達2人のスペース、もう一つは2人のアシスタントのスペース、後は台所兼資料を置く場所、そしてもう一つがペイントしたりモノを制作するスペースですね。
今、バスルームに小さなシルクスクリーン印刷機を置こうとしていて、また18世紀のイギリス式の図書館(資料室)も作ろうと思っています。
それから素晴らしいコーヒーテーブルに1626年に作られた世界地図、金のはめ込み加工と緑と金でつや出しされたベルベットソファーもありますね。
ですので最終的には素晴らしい場所になるはずです。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Karl & Björn:Right now it's kind of messy.
We haven't really had time to unpack since we moved into our new studio in March this year.
Too many t-shirts, spray cans and magazines.
The studio is four rooms ― one for the two of us and one for our two assistants, a kitchen/library and a room for painting and building things.
We are planning to build a small silkscreen printing studio in our bathroom and we have started to furnish our library in a kind of English 18th Century explorer style.

We have a very nice coffee table with a world map from 1626 with gold inlays to go with our green-and-gold crushed velvet sofa.
It will turn out real nice.


copyright © Vår


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Karl & Björn:文学作品とコミック本

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Karl & Björn:Litterature and comics.


copyright © Vår
copyright © Vår


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Karl & Björn:自身を更に駆り立てような作品をやり続けること

Hitspaper:Please tell us Var's future vision?
Karl & Björn:To do even more self-instigated work.


copyright © Vår
copyright © Vår


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージを戴けますか?
Karl & Björn:Charles Bukowskiの言葉を引用しましょう -知識人は難しい方法で単純なことを言い、アーティストは簡単な方法で難しいことを言います。-

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Karl & Björn:To quote Charles Bukowski – An intellectual is a man who says a simple thing in a difficult way; an artist is a man who says a difficult thing in a simple way.


copyright © Vår




>>back
| circuit | 09:43 | comments(0) | - |
3 DEEP DESIGN / Interview With Brett Phillips


copyright © 3 DEEP DESIGN

3 DEEP DESIGN
H.P:www.3deep.com.au
H.P:www.3deep.publishing.com.au
H.P:www.everything.net.au
Interview by arata sasaki

オーストラリアに本拠を構えるデザインスタジオ3 DEEP DESIGN。Brett PhillipsとDavid Roennfeldtによって1996年に設立され、
近年にはニューヨーク、日本、そしてEU圏にも代理店を置く世界でも有数なスタジオへと変貌と遂げている。
アート、ファッションに特化したスタジオで日本ではルイヴィトンのプロジェクトなどを手掛けている。


Hitspaper:3 DEEP DESIGNの経緯を教えて下さい。
Brett:3 DEEP DESIGNはオーストラリアでは稀にしかみられない優美なデザインスタジオの一つです。
私達のスタジオは落雷の様に保守的な現状や雑音、くだらないものを破壊するかの如く作品を作っています。
ポリシーとして平凡なデザインは殆ど尊重せず、ディテールまで拘り非常に卓越されたをデザインをすることに傾倒しています。
この信念は10年前に掲げられて今日では以前よりこの思いは増していますね。

3 Deep Designは現在、デザインとイメージエージェンシーとしてオーストラリアに、そして代理店としてニューヨーク、東京、それからヨーロッパに拠点があります。
このスタジオは1996年にBrett PhillipsとDavid Roennfeldtによって設立され、パッション、イノベーション、損なわれているデザインを取り戻す為、活動を続けてきました。

関連会社は3 Deep Design(www.3deep.com.au)、3 Deep Publishing(www.3deep.publishing.com.au)、Everything in Between(www.everything.net.au)の3つになります。

Hitspaper:Could you tell us 3 DEEP DESIGN's history?
Brett:3 Deep Design was one of those studios that arrived on the Australian design scene with little grace.
Studios like this generally fall from the sky, smashing through the clutter and noise of everyday life to shatter the conservative status quo.
Having little regard for the mediocre or the average, the studio preferred to assert its position through producing work of the highest detail and a unwavering commitment to design excellence.
This belief started 10 years ago and is stronger today then ever before.

3 Deep Design is a design and image agency based in Australia with representation in New York, Tokyo and Europe.
It was established in 1996 by Brett Phillips & David Roennfeldt and has since established a reputation of uncompromised design excellence, commitment, passion and design innovation.

The 3 Deep group of companies include 3 Deep Design, 3 Deep Publishing and Everything in Between.

see www.3deep.com.au
see www.3deep.publishing.com.au
see www.everything.net.au






copyright © 3 DEEP DESIGN


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Brett:私達の作品にはあまり多くのフィロソフィーはないですね、、、ただ何か魅力的で、美しく、機能的なものを心掛けています。
過去10年間を遡って考えると多くの出来事がありましたがいつもデザインの優雅さと技能に趣きを置いてきましたね。
私は最近私達のグラフィックデザインのアプローチに関連ずけることができる素晴らしい例えを読みました。

「かつてすべての洋服はオーダーメイドでそして家具は大工の手によって制作されました。
それらの材料と道具は慎重に選ばれ、メジャーで顧客の身体の寸法を直ではかり、
また正確な色、材料は経験豊かな職人によって選ばれました。
ボタンは最適な位置に取り付けられ、強度や構造など細かいディテールすべて最終的な成果物に大きな影響を齎すものです。
顧客のポケットの深さでさえ基本的で必須の条件なのです。」

グラフィックデザインも全くこの概念と一緒だと私は思いますよ。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Brett:Its not so much a philosophy but our work is about creating something engaging, beautiful and functional.
3 Deep has been many things over the past 10 years, but it has always been focused on the notions of design excellence and craftsmanship.
I read this nice analogy recently that I can relate to our approach to graphic design...

"Once all clothes were tailor-made and all furniture was crafted by carpenters.
Their materials and tools were carefully selected.
All measurements were taken directly from the customers body or the room to be furnished.
Choosing the right colour and materials was done by the experienced eyes of the craftsman.
Determining the required style, strength,structure, smell and direction of the grain or the position of the buttons,all had an important influence in the final result.
The needs of the customer (along with the depths of his pockets) formed the basic conditions from which the product was made."

I don't think that it should be any different for graphic design.







copyright © 3 DEEP DESIGN


Hitspaper:あなたは独自のタイポグラフィを制作していますね。それらを通じて何を表現したいのでしょうか?
Brett:私達は作品のタイトルを付けることを楽しんでいますね。
しかし、タイポグラフィを作ることとなると、非常に多様なものが作用しているでしょう。
殆どの場合、コンセプトを部分部分で表現したいか単にビジュアルが面白いからで、そして
私達の作品ではタイポグラフィが決して絶対的な力を持っているわけではなくてイメージや他の要素をサポートする役割りです。

Hitspaper:You developed original typogaraphy. it's excited! What are you trying to express through typogaraphy?
Brett:We play with the notion of titling a great deal in our work.
I think that we are operating on many levels when it comes to crafting typography.
In most instances however it is an expression or visual manifestation of a thought or a concept that we wish to express in the piece.
I see the typography in our work never being a dominant force but rather working in partnership with image and supporting elements.





copyright © 3 DEEP DESIGN


Hitspaper:クリエーターにとって最も重要な要素は何だと思いますか?
Brett:私が思うに独自の作品を開発することとつつクライアントワーク、コマーシャルワークを両立させる意思ではないでしょうか。
自分自身を創造的に成就させることが重要です。

Hitspaper:What do you think is the most important elements for creator?
Brett:I think the notion that you are exploring and developing your own oeuvre independent of, and most of the time in parallel to, client driven commercial design.
It is important to fulfil yourself creatively,




copyright © 3 DEEP DESIGN


Hitspaper:スタジオの環境について教えて下さい。
Brett:私達は場所も変えずずっと同じ場所に10年いますね。
ちょうどメルボルンのさまざまな文化は入り交じった場所にあります。
近くには古い金属部品メーカーの工場がありますね。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Brett:We have been in our space for 10 years.
We are situated in a very eclectic part of Melbourne.
Our office is in a old foundry which used to make metal beams and components. It is





copyright © 3 DEEP DESIGN


Hitspaper:クリエイティブシーンで興味があることを教えて下さい。
Brett:私達は最近ますますファッションの世界にのめり込んでいるのが判ります。
このジャンルでの仕事は確かに私達のアートディレクションがぴったりくるでしょうね、、、しかし芸能と現代舞踊には惹かれていますね。
私達は明らかに過去10年に渡ってこれらの分野での仕事を確立させてきました。そしてこのクリエイティブなプロセスを知っていて、楽しんでいます。
これからはよりインターナショナルな場でこれらの分野に仕事を得て多いに貢献していきたいと思っています。

Hitspaper:What genre do you find interesting in the creative scene?
Brett:We have found ourselves drifting into the world of fashion more and more of recent.
Our image making and art direction work obviously lends itself to this genre of work but we are still fascinated by the arts and our work with contemporary dance.
We have obviously established a great deal of work in this area over the past 10 years and we know and enjoy the creative process of the artform.
It is our hope to work with more international clients in this area, we feel that we could contribute a great deal.




copyright © 3 DEEP DESIGN


Hitspaper:将来のビジョンを教えて下さい。
Brett:3 Deepはいつでも多様な範囲で挑戦する面白い人々と一緒に働いていこうと思っています。
昨年は日本でルイヴィトンの仕事をしたので日本でより多くのファッションプロジェクトに関わりたいですね。
そして私達は世界中のダンス団体(例えばニューヨークにあるBallet)とパートナーシップを築けていけたらと思っています。
いずれにしろ私達が何をしようと情熱をもって挑み続けるでしょう。

Hitspaper:Please tell us 3 DEEP DESIGN's future vision?
Brett:3 Deep will always be focussed on working with interesting people on a diverse and challenging range of projects.
We would like to continue the momentum of working with Louis Vuitton last year and undertake more fashion work in Japan.
We would also like to continue to develop partnership's with some of the other leading dance organisations around the world such as the New York City Ballet.
Whatever we choose to do, we will continue to do it with passion.



copyright © 3 DEEP DESIGN


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Brett:日本とても好きです!
そこでまた新しい仕事をするのが待ちきれないですね。
というのも最近東京でルイヴィトンのプロジェクトを引き受けて時感じた日本人と都市のエネルギーが素晴らしかったものですから。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Brett:We love Japan!
We cant wait to return to do further work there.
Having recently undertaken a project for Louis Vuitton in Tokyo, we fell in love with the people and the energy of the city.




>>back
| circuit | 02:17 | comments(0) | - |
VISIONAIRE / Interview With Cecilia Dean
copyright © VISIONAIRE

VISIONAIRE
H.P:www.visionaireworld.com
Interview by arata sasaki

1991年NYCでフォトグラファーであるStephan GanとモデルのCecilia Dean、メイクアップアーティストのJames Kaliardosによって創刊されたアートヴィジュアル雑誌。
年間に3回、限定4000〜6000部程発行される。全く広告枠がない。非常にアバンギャルドな内容で各号には手書きのシリアルナンバーが付けられ、
現在ではプレミア価格が付く程のコレクターズアイテムとして注目を集めている。
過去にコレボレーションしたブランドはルイ・ヴィトン、コム・デ・ギャルソン、ヘルムート・ラング、トム・フォード、グッチetc....
また、世界中の多くのアーティストも参加している。


Hitspaper:VISIONAIREについて教えて下さい。
Cecilia:VISIONAIREはファッションとアートをベースにしたマルチフォーマットアルバムで非常に少量しか発刊しない限定品です。
1991年の春からスタートして世界中の新進アーティスト:ファッション、デザイナー、ディレクターそれからイメージメーカーまで様々なアーティスト共に作品を発表してきました。
1年間に3回発刊されそれぞれ異なるテーマと形状で打ち出されています。
これらの作品は今後もほかに例を見ない、類いまれな素晴らしい作品として存在し続けるでしょう。

Hitspaper:Could you briefly tell us how started??
Cecilia:VISIONAIRE is a muti-format album of fashion and art produced in exclusive numbered limited editions.
Since its inception in the Spring of 1991,Visionaire has offered a forum for works by both famous and emerging artists from around the world as well as personalities,fashion designers,art director,and image-makers.
Published 3 times a year ,Visionaire features a different theme and format with each issue.
Artist work in Collaboration with Visionaire to produce their personal interpretations on a theme,and are given unparalleled freedom to push Visionaire's original formats.


copyright © VISIONAIRE


Hitspaper:作品を通じて表現したいことを教えて下さい。
Cecilia:作品を見てそこから感じとって下さい。

Hitspaper:Whats are you trying to express through your work?
Cecilia:See attached artwork.


copyright © VISIONAIRE


Hitspaper:コラボレーションする人をどの様にして決定するか教えて下さい。
Cecilia:簡単なことです。私達は彼らの作品を良く知っている。だから後は彼らに声をかけるだけです。

Hitspaper:How do you usually get to know collaborators mostly?
Cecilia:We know their work and we talk with them.


copyright © VISIONAIRE


Hitspaper:コラボレーションをする上で最も魅力的なことを教えて下さい。
Cecilia:本来コラボレーションとは各々では成し得ないことを補完して全く新しいアイデアを表現すること。
それが素晴らしいコラボレーションの現れでしょうね。

Hitspaper:What is the most attractive aspect of collaborative work?
Cecilia:Collaborations are a great way to combine ideas and come up with a whole new idea that neither person could have done on their own.
That is the sign of a great collaboration.


copyright © VISIONAIRE


Hitspaper:あなたのスタジオの環境を教えて下さい。
Cecilia:私達は非常にオープンスペースな環境で働いています。だから絶えずアイデアは自由に行き交いますね。
またそういったことから私達全員が現在進行中のプロジェクトを把握しています。

Hitspaper:Please talk about the environment around your studio?
Cecilia:We work in an open space, so that ideas are freely exchanged constantly.
We are all aware of all the projects happening.


copyright © VISIONAIRE


Hitspaper:最後に日本人に向けてメッセージをお願いします。
Cecilia:特に日本人に向けてのメッセージではないのですが、他の人があなたに望むことではなくあなた自身が心から望むことをして下さい。

Hitspaper:in conclusion ,can I have the message from you to japanese people??
Cecilia:I do not have a specific message for just "Japanese people" but I think, in
general, do what you want, not what you think other people want.


copyright © VISIONAIRE




>>back
| circuit | 00:28 | comments(0) | - |

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

SPONSORED LINKS